murbo について

絵を描いたり、映像を作ったりしています。音もたまに作ります。字も書くときがあります。 電子本がんばります。

uniball oneで描いた。

今回はKUKUIはなくて、まあぼん。まあぼんで描く絵ですらなくて、まあぼんのイメージイラストです。

画材はゲルインクボールペンのuniball one。新開発のはっきりした黒色のインクが売りなんだけど、ゲルインクは大体油性インクより深さのある黒なのであまり黒の発色については気にならなかった。同じ太さでも油性インクのようなカリカリした感じは無い。ジェットストリームのようなスルスルと走るように描ける感じもあまりなくて、それはゲルインク全般に言えることでもあり、かと言ってそんなに重要視していなくて自分にとっては許容範囲で、むしろゲルインクの柔らかい感触が気に入っている。油性インクであった長時間描いているとインクがボタつく現象がほぼ無いのも良い。
このuniball oneはボディのデザインもカッコいい。低価格帯の製品であることを忘れるようだ。そしてジェットストリーム互換にリフィルが使える。これで好きなリフィルを利用することができる。そのままuniball oneでもいいし、油性のジェットストリームを使うこともできる。前後してしまうが、個人的には太さが足りないと思ったので、ballsign ID同様にデザインが破綻することを前提にラバーグリップをつけた。最初から一回り太かったらよかったな。

紙にボールペン。

uniball oneとballsign IDを改良。

気に入っているボディのbaiisign IDの先端をつや消し黒で塗装。シルバーの成形色はやっぱり安っぽいし、この程度のシルバー成形色で反射することはないけど、一応反射防止に塗りました。
ballsign IDはジェットストリームもリフィルと互換性があるので、そのジェットストリーム互換のリフィルも使えると思っていたら太い部分の系が太いのでジェットストリーム以外に互換性がないことを身をもって確認したので、このままオリジナルのリフィルを使うことにして、気に入ったボディとリフィルで使うのはもう一つきにいっているuniball oneで実現しようと思いました。

続きを読む

サラサで描いた。

サラサのリフィルとuniball oneのボディで描いた。ジェルインクはどれで描いてもそんなに変化はないね。大昔みたいにメーカーや種類によって大きな変化はないと思う。あ、あった、速乾性だ。これはエナージェルに軍配が上がると思う。少なくとも僕が描いた感じではエナージェルが良いと思う。もちろん描いたすぐに乾燥している都合の良さはないし、サラサでも数秒待てば乾いている。それが待てないわけではないが、うっかり書いたすぐのインクの上に手を置いてしまったトラブルを少しでもインクで回避できたら、自分に出来の悪さを道具で補間できるのではないかと思ったのです。ゲルインクの筆致やインクに色の濃度などはボールペンくささが低いので気に入っている。

絵は制作中の短編、循環するビデオの#4、KUKUIに登場する少年。レイアウトは違うがこのようなシーンも登場する予定。

紙にボールペン。

エナージェルで描いた。

リフィルはエナージェル0.5mm。ボディはuniball one。ジェットストリームのボディでも使える。残念なのは改良中のballsign IDでは使えないこと。入るんだけど操作できない。
水性ゲルインクはジェットストリームとは違うスッとした感じで描ける。良いと思ったのはボールペンの割には比較的寝かせても描けること。単に自分の癖なだけだが。鉛筆と似たように持てるのは気が楽だ。もう一つは乾燥が早い。向かって左上から順に描けば問題にならないのに気にしている乾燥の早さなのは、適当に好きなところから描いているからです。ballsign IDのリフィルではダメかと言うとそうでもないけど、速乾性についてはエナージェルが秀でていますねぇ。僅かの差ですが、てきとうに気兼ねなく描けるのは気持ちの上で楽なんです。赤鉛筆の上にも描けます。これはballsign IDでも同じ。ボディをエナージェルじゃないものにしようとしているのは自分に好みのボディで使いたいからです。今は個人的次点のuniball oneで使用中。これは径が細いんだよね。後付けでラバーグリップをつけないのは元々持つ位置がラバー的なものになっているから。気にせずにつければこれもいいけど、デザインが崩れるのが気になる。

絵はこれまでバンドネオンを描いていなかったので、自分で実感するためにも描きました。避けてたわけでなく、なんとなく描かなかった。シンプルな形なので雰囲気は掴むのは簡単でもきちんと描くのは結構手間がかかります。

紙にボールペンでドローイング。

雪かき。

積雪2cmもないくらい。それでも北側で家などの影になっていると全然溶けないし、うっすら凍ると結構危ないのです。
学生の頃は自転車で通学していて、積雪があった日はせめて自分の家の前だけで雪かきをしてくれたら走行の危険は軽減できるのにと思っていたので、過去の自分のために今やりました。そう入っても本格的なことは出来ないので竹箒ではいて、スコップで近くの側溝へ落としました。側溝は田舎なので蓋がないのです。写真で雪が残っている部分は車の轍で踏み固められたので残っています。この状態のときはやっても無駄だと思ったのですが、しばらく経つと効果が現れて、何もしないより早く溶けました。陽が当たりにくい場所なので多少は役に立ったかなと思います。役に立たずとも過去の自分がやってほしかったことを今やれたので気持ちとして納得できた。

作れていないものたち。

ドテドンと豚の蚊取り線香。ドテドンはほんとに途中。スタイロフォームに紙粘土を塗りつけただけ。蚊取り線香はジェッソ塗ったまで。やればできるんだけどなあ。

これすら途中。ドムはもう少しなんだけど。ゲルググは半分くらい。ザクは比較のために置いたもの。Gフレーム版であることもあってリペイントのみ。
仕事の調整して作る時間を作ろう。

まあぼんの買い物。

今年最初のまあぼんの活動は買い物!毎度おなじみの30分押しのスケジュールでスタート、
買ったのはキャンバス一点ですけど、平木屋さんでなければこれを買えませんでした。キャンバスといえば Fサイズだけだと思っていましたからね。描きたいサイズそのままはないので、できるだけ近いものを選んでもらって、僕がケチくさいことを言って決定。今日は一枚でも今後は大量に必要なのです。

そのあとは食事。カレーの予定だったが、食後のコーヒーの店を下見しに行ったらランチもやっていたのでそのまま食事しました。
大昔に行ったことがあり、その時は本がいっぱいあって喫茶だけでできるだけ静かにしている感じの緊張感の高いお店だったと記憶していたのでコーヒーだけの予定だったのです。

それなのにやたらフレンドリーでむしろランチが中心。本は健在だった。まるで古書店のような趣。大きめのテレビがあったのは印象が違ったね。表示していたのは映画ではなく地上波でした。

注文したのはコロッケランチ。惣菜が満載でコロッケにたどりつくまえに割と満足していまいそう。ここもお味噌汁が美味しいです。

コーヒーを飲みつつ、少しまあぼんの相談をして次の場所へ。
まだ、まあぼんではお参りに行っていなかったので金神社《こがねじんじゃ》へ
今年も絵が描けますように。