iMono/Polyのモバイル版のUIが変わっていた。


iMono/Polyがアップグレードしてモバイル版のUIが変わっていた。
以前は四つのVCOをスイッチで表示を切り替えていた。同時にノブを触ることは無いんだが、それぞれを見るだけでも切り替えなければならないのはちょっと手間がかかる感覚があった。変更後はiPad版と同様に一覧できる。小さいのでさっと操作するにはどちらにしても厄介ではある。

KORG iMono/Poly
KORG iMono/Poly
Developer: KORG INC.
Price: ¥3,600+

iMono/PolyとMontpellierとMono/Fury


どうしようかずーっと迷って、KORG Moduleなどセールのたびに迷った挙句スルーしていたのでセール最終日に買った。


元になったハードウエアのMono/Polyは全然知らなかった。レビューなどを見てハードウェアのMono/Polyより出来ることが多くなっていて、かつてのシンセサイザーのソフトウェア化以上の作りになっているのが気になった。
ソフトキーボードは右上のキーボードっぽいアイコンをタップすると普通のキーボード状態になる。 続きを読む

KORG GadgetでMIDIコントローラを利用する。


KORG GadgetでMIDIコントローラーを使いたいならnanoKEY StudioとnanoKEY Studioを使うのが簡単です。

そんなに予算も無いし、そんなにKORG Gadget使わないし、手持ちのmicroKONTROLでなんとかならんものかと、というか、YoutubeでKORG Gadget関連のビデオを見ていたら海外の人でMIDIコントローラーをつないで色々アサインしていたのを見てやってみました。
マスターには適応できなさそうですが、各楽器(Gadget)はある程度アサインできます。 続きを読む

KORG GadgetとmicroKONTROL

自宅の見做しスタジオでトラック作るだけなので手持ちのMIDIキーボードが利用できればいいなと思ってplugKEYを使っておりまして、


iOS端末でMIDIインターフェースしか持たないキーボードを使いたいときはこれしか選択肢が無いので良いも悪いも無いですが、MIDI iF以外にオーディオインターフェイスとしても使えるのでiOS端末にラインアウトが出来ます。
アマゾンだと今は白い方が安いです。

で、うちのMIDIキーボードはmicroKONTROLという今は古いMIDIキーボードを使っておりまして、未使用期間が長くなるとキーが反応しなくなり、修理しながら使用することになり具合は悪いのですが、見た目がかっこいいので手間をかけながら使っております。僕はDTMをかじっているのはハードやソフトウェアのUIが派手でかっこいいからです。といってるのにDAWは見た目がシンプルなableton liveです。 続きを読む

ポケットにシンセサイザー


KORG GadgetをiPhoneかiPod touchにインストールすると小型シンセサイザーになる。当たり前なことでもポケットに18個のシンセが入るのだ。内2個はrecツール。
思い方ひとつで楽しい気分になると思いたい。

アナログならこれ。monotron。
170414044
これもポケットに入る。ポケットに入っても何もないが。

KORG Gadget
KORG Gadget
Developer: KORG INC.
Price: ¥2,400+

結局自分で作曲


結局、何らかの曲らしきものが必要になったので自作。とりあえずKORG Gadget


これはableton liveのループ素材にそのままエクスポートできるので便利。
未だにiOSデバイス用のMIDIキーボードを持っていないので、ソフトウェアキーボードで適当に作る。あ、plugKEYは持っていたんだった。ちょっと離れていることだったので面倒でそのまま弾いていた。

出来ればきちんとした人に音源は作ってもらいたいが、予算と時間の問題で致し方ない。
KORG Gadget
KORG Gadget
Developer: KORG INC.
Price: ¥2,400+