獅子猿と狼猿 191125

敵メカに関しては以前に描いていたものがベースになっている鬼猿と色以外の変化が分かりづらかったのでもっと景気よく体の変化を大きくし、猿の顔を隠れるようにした。

狼猿も同様。しかしまだデザインは固まっていない。模型にしたときに格好良いなと思えるような、それは二枚目的な意味ではなく、立体としてに映えるような意味合いで。

ボールペンのドローイングにProcreateで彩色

猿鬼191011

続けてみている人にしかわからないがこれは完成形ではなく、考えている途中のスケッチを公開しているものです。

基本形態の量産型鬼猿がいて、これです。

続きを読む

鬼猿190919

samurai dogsの敵。鬼猿。これが大量にやってきて現実世界を侵食し電脳世界に変える。大きさは絵の通り。胸の骸骨は種類によってバリエーションになっている、と思う。思うのはまだ描いていないからだ。
しまった、腕と脚の関節を違う形にしてしまった。

紙にシャープペンシル(0.9mm)、Procreateで彩色。

samurai dogs 敵 190731

侍ドッグスの敵。思っているだけでは形がわからないので出した。猿の顔がもっとない感じのっぺらぼうな感じにしたいと思った。ババア感をもっと出したい。敵メカか怪人はの総称はババアにして、カジュアルにババアと言える状況を作りたい。ランチタイムドローイングの続きで描いたのでチラシの裏です。

紙に油性ペン。

kakutagon saru

サル。kakutagonに参加する。本当はさるぼぼなので、猿ではない。さるぼぼの理由はもとになった仕事の案件による。さるぼぼは岐阜県の高山市などで作られている人形で、さるは猿、ぼぼは赤ん坊の意味。あ、尻尾つければよかったな。顔に表情がないので腕やふんどしなどに目と口を描いた。色を塗っているうちに上着が完全に仮面ライダーゴーストのパーカーになってしまった。