2021年のたぶん最初に見た桜。

河津桜はもともと早く咲くので、ソメイヨシノの最初に見たときの。時のって今日なんだけど。ちょっと煩雑な日が続くのでとりあえず撮った記録だけ。
数日前から多少トーンカーブと彩度とシャープネスは調整するようにしています。

桜はスッと、もう葉桜。

今年は機会を逸して満開を撮影できなかったソメイヨシノ。

休憩にでかけた道すがらの桜。

分かりづらいけど、葉っぱがかなり出ている。桜はなんとなくもういいかなと思ってしまって撮影する気が落ちている。花よりも花が咲いているときの枝ぶりが気にはなっている。明るい色の中にシルエットのようになった木はいいんじゃないかと。

チューリップとかアイリスとか。

我が社の庭のチューリップも咲いてきました。普通のチューリップはないのか、に対する答えはこちらがオリジナルに近い品種なのでこの先が尖ったチューリップが普通です。違うよ!バーカ!に対する返答は、多分メディアなどで見るカップのような形の赤い花を指して普通とおっしゃっているのでしょう。あれはうちには無いです。
そしてあれはまだ開く途中です。

原種の割には丈夫なので何世代か前に品種改良されたものでしょう。

続きを読む

桜の葉っぱ。

僕より若い人が、大学生くらいなんですけど、桜は花より葉があとに出る変な花だ。と笑いながら言っていて、適当に言い捨てているだけのことに一々突っかかるのも老化の証だと思いつつ、そういうこともあるけど、そうじゃない桜も意外とあるのになと思ってしょんぼりしておりましたら。近所ですらほぼ同時に出ていました。おっさんも若手もどっちも大したことないな。それよりも葉っぱの色が違っている。こっちは緑。

こっちは赤茶色。枯れているわけではない。葉っぱは花と同時か花が咲いているときに葉が出ている。

続きを読む