怪人博士

レッドヴァイパーを含む改造人間を研究設計した博士。既に研究から引退しており、多くの怪人は所属していた研究所で開発製造された。という設定。グーグルで怪人博士を翻訳したらPhantom of Phantomとでて、予想外にかっこよかったのでこのまま採用する。

ledviper180924

自分でも背中はどうなってるんだろうかと、想像しながら描いた。自分で考えているので自分しか知らないんだけど。気にしたのはお尻とふくらはぎ。思いつくまま描いたので新たにディティールを入れてしまった。これだと腕も似たようなディティールが入っていたほうがいいな。アニメのロボットなどのデザインだと腕と脚が全く違うデザインであることが殆どで、構わないんだけど同じように動く関節を持つのに形が違うのは作るの面倒くさくないかな。腕と脚は大きさが違うので結局別のデザインになるけどデザインの方向性とか同じ方が良くないかな。とか思った。

ツキノワグマ怪人

ツキノワグマを記憶スケッチ。熊は怪人にしなくてもそのままでめちゃくちゃ強力だよな。これ描いてて動物や鳥は人と合成する理由があんまりないんじゃないかと。そのままで何らかの方法でコントロールできたらいいんじゃないか。反対に昆虫を人間大まで拡大して人と合成するのはアイデアになると思った。
それは関係なく、このツキノワグマ怪人は任意の作戦に駆り出されるが、途中で改心するも悪の組織wに抹殺される。という設定だ。

熊と言えばこちらの方向性を想像する人も多いだろうから描いた。
昔仕事ででざいんしたキャラクターを記憶スケッチしている。意識して色を変えてもいるが、それはオリジナル逃れみたいなことではなく、三人のキャラクターの見分けがはっきりしないので大きく色を変えたほうが良いと思ったから。じゃ、なんで当時やらなかったかと問うならば、仕事なので僕以外の意見も大きく取り入れられるのだよ。

ledviper180920

怪人ばかり描いていて、戦う相手を殆ど描いていなかったので、意識して描いている。
胸の赤い部分が見え過ぎているので次描くときは変わっていると思う。これまでと違うのは腕と腿に赤いラインを入れたこと。必殺技でパンチやキック、腕の刀などへ力を集中するために見かけ上で光が移動する設定にしている。描いてから気が付いたのは脚が短いとかではなく、まぁ、それもあるが、膝蹴り用の武器がないね。肘にもつけていないけど刀を内蔵しているのでそれに対応する膝の武器があるべきなんだよ。膝蹴りは今はフィクションでは大きく取り上げられないのでマイナーですけど、昔はキックボクサーの沢村忠が得意にしていたのだよね。沢村忠自身がキックの鬼としてアニメになったくらい。座頭市の仕込み杖の逆手持ちのように間合いが極端に近いので威力としては強くてもアクションとして派手にならないんだよな。そんなことで、気にして主人公を描くよ。色も黒くなっちゃったな。もっとグレーだったんだよ。

翼竜怪人

プテラノドンを記憶スケッチした。腕を長くしたのとペリカンのようにあごを大きめにした。かといってペリカンにしたいわけではないので袋のような下あごにはしていない。腕を閉じているのは単に描いている紙のサイズの問題。

シャープペン0.9mmのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

KATZCURRY ARMOUR

カツカレーを記憶スケッチ。やる気が出ないので描いた。本当にやる気はどこへ行ったんでしょうねw
毎度設定資料的なものを作らないので最初に決めたデザインを忘れています。膝と肘にオレンジ色の円盤をつけていたのです。おなかのデザインも微妙に違います。ちょっと痩せちゃったしね。
カツ部分は防御と打撃用の攻守混合になっていてカレー(泥ではない)部分は普段は柔らかく、瞬間的に衝撃が加わると硬くなるやるあるやん、あれ。

鉛筆(芯ホルダー)にprocreate(iOSアプリ)で着色。

NICKJAGUAR ARMOUR

肉じゃがを記憶スケッチ。やる気が全然でないので描いた。
BUTTA MANのフォームチェンジ版でジャガイモハンマーとニンジンドリルを装備している。頭と股間の鎧は玉ねぎ。

鉛筆(芯ホルダー)にprocreate(iOSアプリ)で着色。