ドテドン冷マ

主に水道修理サービスの広告マグネット(通称冷マ)を水に漬けると印刷部分がはがれます。その後、インクジェットプリンターでプリントした絵を貼りました。水に漬けるのは3日くらいです。気長に待ちましょう。
貼るのは一般的な汎用接着材です。これで一応やりたいことはできているのですけど、表面が普通の紙なので触っているうちに手あかなどで汚れます。水がついてもインクが流れてしまいます。そこで表面処理です。木工ボンドを塗っています。向かって右のドテドンは塗るのを失敗しています。マグネットシートが他より薄かったことと、木工ボンドを厚く塗りすぎてしまったことが原因です。木工ボンドは薄めずにそのまま塗ります。道具は幅の広いへらとかペイントナイフなど使うと比較的綺麗に塗れます。塗ったら触らずに一日放置です。乾燥するまで白濁したり何となくインクが溶けているような色になっても気にせず触らずです。透明になっても触ってべたつく場合はまだ乾燥していません。さらに放置しましょう。多分クリアスプレーを吹いても同じ効果は得られます。なのに木工ボンドはなのは奇をてらっていることと、マグネットをボードからはがしたりなど変形させるときに一緒に曲がってくれるのです。失敗が続いたり、そのせいで素材にしている冷マが無くなったこともあり、暫く作ることはありませんが、また冷マがたまったら作成しようと思ってます。

あ、下のドテドンは去年作ったものです。これも冷マが貼り付けてあるので鉄板にくっつきます。

過去作で作業中。

かつて作った戦車と戦闘機を引っ張り出してレンダリング。てきとうでもオリジナルキャラは作っておくと後々便利だね。こういう時にリユース効くし、誰かに許可貰ったりしなくていいもんね。これで僕がやりたいのはかつて描いた絵の再利用であって誰かに許可を取る作業じゃないからね。
11/3のライブドローイングの時ににぎやかしに冷マ(冷蔵庫に貼られているどこからかやってきた、主に水道修理の宣伝の付いたマグネットシート)作っては貼ろうかと思います。めっちゃくちゃ人気があれば売りますが、非売品です。

ドテドン対メカギラス 特報


to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】