SA-MIRAI

題名はSAMURAIのミスタイプから。修正するのが面倒だったので、”さ、未来”とは何を意味するのかはさっぱりわからないが、そのうち思いつくでしょう。これは何か?今企画中のキャラクターの雰囲気を共有するために作ったトラックです。当然車ではなく音楽のトラックです。

このトラックではなく、イメージ画像のような線画にするのかすら決めていません。やはり色はついていたほうがいいですし。色を塗ったほうが手間がかからないこともありますし。そうではなく、トラックを作っているのは僕以外に制作者がいるため、何らかの雰囲気をつかめるものがあったらいいんじゃないかと思って作っているのです。これをそのまま作中に使用するかは未定です。

samurai dogs 敵 190731

侍ドッグスの敵。思っているだけでは形がわからないので出した。猿の顔がもっとない感じのっぺらぼうな感じにしたいと思った。ババア感をもっと出したい。敵メカか怪人はの総称はババアにして、カジュアルにババアと言える状況を作りたい。ランチタイムドローイングの続きで描いたのでチラシの裏です。

紙に油性ペン。

samurai dogsのキャラクター案 190731

まだ物語もキャラクターも全部考えている途中で、手も慣れていないのでとりあえず描くからスタートしている。ランチドローイングの延長で書いているので紙はチラシの裏です。

紙に油性ペン。

書いてる途中。

字も書いています。頼める人いなからね。久しぶりに書いているので勝手がわからん。
このようにたくさん描いて良さそうな部分(字ではない)を選んで合成します。このような作業をすると字が死ぬとか言われるんですけど、そもそもスキャンしてグレースケール部分を取捨選択しすべて黒100%にしてしまったら生死は意味ないです。全部死んてます。仮に勢いを生きていると言うならば、連続してたくさん書くことで全てに大体同じ勢いになるようにして、部分同士を合成しても勢いが途切れないようにしているのですね。
それよりも気にしたのは路上詩人の書くような字にならないように意識しました。あれはあまりに下手くそで売らんかなの欲が見える。