設営とハンバーグ

先にハンバーグいっとこうか。2020年3月24日のこと。
現場仕事のランチにハンバーグをいただく。事情があって飲食物を見るのも仕事。食べるのはそうでもないが、注文しているし、昼なので食べないわけにも行かない。味も知りたいからね。
そのでてこのハンバーグは日替わりランチが理由なのかわからないが、お店のお試し感が強い。これでガッツリ食べて満足するコンセプトではないと思った。ステーキ専門店って運ばれてくるとものすごく出来たて、焼きたての音させてくるじゃん。今回もそうなんだけど、あれって、いつの間にかシュンとしてるよね。ジュージュー音立てる仕組みってあるのかな?僕はあれはどっちでもいい。美味しさの演出としては効果あるのはわかる。自分でも美味しい感じする。でも本当に美味しいこととは別だ。
雰囲気を楽しむことは食事の一つでも料理自体が美味しい事が前提で、そこ大切にしたくないかなあ。
ハンバーグは普通。飲食店を考えて食べた点では興味深かった。

続きを読む

2020年3月13日のコーヒー

イレギュラーで今回はコーヒーではなく、焙茶珈琲。焙茶を焙煎したものらしい。あれ?焙茶って焙煎しているよね?なんだっけ?製法が違うな。まぁ珈琲っぽくしたもの。隣のサラダとサンドイッチはプラスアスファのセット。お昼はおにぎりを作っていたので食べすぎになってしまった。頼むつもり無かったのにね。うーむ。

違う相談

今日はいつもと違う相談。駅ビルのエクセルシオール。コーヒーは普通。
WiFiとコンセントが無料。

制作上の戦力増強と侍DOGSの相談。侍DOGSのほうはあんまり出来なかったけどアイデアがちょっと出たので良かった。あとは絵にするだけだ。ほんと、きちんと形にしないとな。

昨日2020年3月5日のランチ

あわせ味噌カツ定食。なにのどこが合わせかと問うならば、味噌が合わせ味噌です。本来味噌カツの味噌は赤味噌ですが、このお店のある岐阜、愛知県以外の方は赤味噌が苦手な方もいらっしゃいます。苦手なのに味噌をソースにしてカツにかける、あえて好きというほどではないが積極的に嫌いというものでもないカツだったのに単に嫌なものに早変わりです。目も当てられません。それを多少でも和らげ、地元の名物でもある味噌カツを楽しんでもらえないかという工夫がこのあわせ味噌かつなのです。赤味噌のときもこの店は味噌を緩く溶いたものがカツにかかっていることはなく、味噌を使ったソースがかけられている。あわせ味噌も同様だ。僕は赤味噌でも美味しくいただけるので感想は的確ではないと思うが、美味しい。お店の料理だから美味しいのは当たり前なのだけど、とんかつを美味しく食べるためのソースになっているんじゃないかなあ。僕はキャベツに少しつけるものも好きです。甘い味が苦手でもそれがいいと思える、食材に馴染んでいる感じがするよ。ドーン!てくる雑な強さがないソフトランディングする味。キャベツにつけるのは、いわゆるソースの量を適切にできないことがままあるからだ。少し足りないと思って足したら多かったとか。少しづつつければそういった失敗がないんだよ。味噌でありながら新たに作られたソースでもあって、味噌カツを食べ慣れている人にもいいんじゃないかなあ。

続きを読む

まあぼんの打ち合わせ200229

次回は外で描くがライブペイントではない。その相談。
コーヒーは刈谷じゃなくって江南の珈琲屋らんぷ 江南店のホットコーヒー。ふつう。
いつもと描くものが違うことと、画材について、描くモチーフについて言うほど決められないままざっくり。

このあたりが次回のヒント。ライブペイントではないが外なので自動的に公開制作になってしまう。制作中はYoutubeで録画配信かな。