Odaikhan

オダイカーンはバイトメンの敵組織の幹部。代官と名前がついているが織田と代官の合成だ。織田信長のつもりだったのにうっかり代官と名付けてしまったので頭に「お」をつけてごまかしている。まわしの謎の記号は今考えている謎の国の文字。まだ完成形ではないので途中経過をそのまま使っている。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

Heyzo

バイトメンの敵組織の幹部。表情の固定されたメタリックブルーのメッキ外装のロボットに江戸時代の庄屋の番頭の霊が入っている。敵組織のボスの失脚と、その座を狙っている。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

echigorn

バイトメンの敵組織に所属するエチゴーン。カネを食べる幽霊ロボ。江戸時代の大規模な庄屋の旦那の霊が入っている。体は粘土状の金属でできている。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

GIGA BYTE ROBO 181106

貧弱だったので描き直した。勢いで肘や膝に刃物を付けたが違う気がしている。とはいえ、これはこの辺りでお開き。リクエストがたくさんあれば再開ってことで。

0.9mmのシャープペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

GIGA BYTE ROBO 181102

以前描いたのが全くロボ感がなかったので、一所懸命ロボ感を出すようにしたらやせ細ってしまい、また描き直すかもしれない。そんなに頑張って描いても使う予定がないんだよね。ただ、四肢の色の面積が少ないことも気になる。本来ならパロディなのだから本物の東映戦隊ヒーローのロボットのフォーマットを踏襲すべきだが、あのもこもこの立方体の積み木状態があまり好きどころか疑問があるので方向性を違うものにしたいと思ってしまう。最初の巨大ロボのバトルフィーバーロボは積み木になっていないので良いなと思う。これ以降はロボ自体が変形合体する都合で積み木にならざるを得ないのだろうと推測する。
出来ればの想定で、この四つはそれぞれが頭部になり独自の特徴を持ったロボになる。例えば青いと水中戦ができるとか。ほんと、使い出の無いものはすいすい考えられるね。

芯ホルダー(鉛筆)のドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

GIGA BYTE ROBO

バイトメン五人が合体して巨大化したスーパーロボ。としてふわっと描いてみたら全くロボ感が無いのでそのうちロボ感を出したのを描くんじゃないかな。
当初、ギガバイトマンとしようとしていたが、そんなことだからメカニックな感じを出せていないんだね。そしてギガバイトなんとかだとマザーボードなどのメーカーと同じ名前になってしまうのでそもそも考え直さないといけないな。

procreate(iOSアプリ)でドローイングと着色。

GK White

GK Whiteとは何か。このロボットだ。少し前に作った短い映像(下に貼っておく)の続きに登場する予定の主人公の乗るロボットだ。この作品世界ではロボットは無人で自分で考えて動くが、これはサポートプログラムが搭載されているだけで人が乗り込んで動作する。市長たる主人公が失脚し、都市をある組織(ある組織と言っているのは隠したいからではなく、何かまだ考えていないからだ)に奪われてしまい、その状況を打開するために破壊されたGK-1(というのがすでにあるんだよ)を大幅に改造して建造された。という設定だ。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

これを3DCGにするか、そもそも思い付きを描き付けただけなのできちんとデザインするべきかは考えていない。全高6.1m。


to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

VORDAD

DOOMと同じロボットの総称でEisenriese《アイゼンリーゼ》として、これはZVOCKだったのをVORDAD《ボルダード》に改名ということで、そんなに一生懸命じゃないけど、大きなロボット兵器。あと三回くらい描いたらモビルスーツから離れるんじゃないかと思っています。とかいって、モノアイのデザインを変えない以上はどうにもならないだろうね。

油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

DOOM

装甲が厚いのは前面だけでよく、背面はむしろ熱対策に配慮したほうがいいんじゃないかと思って描いた。出来るだけ低重心で急発進や急停車などでずっこけないようにもね。バズーカは使い捨てというか、そもそもバズーカは単なる筒なのだよね。弾がドーン!と出るか、ミサイルを発射するかレーザー発射機にするか描いたわりには不明。いろは上半身が青く、下半身がベージュにような。間のグラデーションを大きくした方がいいかなと言うのが油性ペンがかすれそうになりつつ描いて練習。

油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。