鎌を持っているOCTA ORCAの制作中。

絵を完成形としているものなので、鎌をデザインするだけでは完成しません。
鎌を持たせます。持たせるOCRA ORCAもデザインをちょっとだけ変えています。色はかなり濃い青です。これ画像では色が分かりませんけど、黒いような青です。マークもつけています。これがやりたかったことでもあります。頭の角みたいなものも今回用に変えています。肩の青いブロックは元はレーザー砲で、小さなアームがついていて自由に動くことになっていましたが、このタイプのOCTA ORCAを機澤重工業(OCRA ORCAは架空の会社、機澤重工業製という設定です。)広報用のデモンストレーション用モデルということにして、アームを外しました。これがあると結構肩の動きに制限が出てしまうこともあります。
絵を描くことが目的なのでスケッチを描きます。鎌を掲げる様に持ったポーズにしたかったのですが、そうすると鎌の刃の部分がカメラから遠くになってしまい、それどころか殆どデザインの要素のない棒の部分ばかりが強調される残念な状態になってしまうので鎌を前に出すようにしました。このように柄の部分に両手を添わせるのはOCTA ORCAの形の都合上難しいので実際は現物合わせで調整しています。

そのうち北極大陸でメイキングなど載せる予定です。というか、実物を見れるように調整中。
下の映像は2018年6月に参加したグループ展で公開したOCTA ORCAの映像です。

octaorca15sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca55sec+id from murbozero on Vimeo.

octaorca15sec2_dml+id from murbozero on Vimeo.

鎌を作っている。

OCTA ORCAの任意のバージョン用の武器、大鎌を作っています。リクエストには出来るだけ応えるために参考資料をさらっと見てデザインし、モデリングしつつ煮え切らない部分があったので細部をデザインし直し、これまでの傘や斧のパーツを流用しつつこんな調子。流用パーツは作業の省力化と同じような雰囲気を作ることに役立ちます。

手に持たせるとこんな具合。OCTA ORCAの色も調整してぼほ黒になりました。それでも青く感じるのは実際青いことと、おなかの明るい青色の印象が強い事に視覚が引っ張られてより青く見えているんだと思います。
ポーズをつけてイラストようにレンダリングしましょうかね。
下の映像は今年の六月ころに開催したグループ展で公開した映像。これに登場するOCTA ORCAの別バージョンを作っています。

続きを読む

怪人の線画の描き方。

塗り方は書いても線画について書いていなかったので記録です。

これの描き方です。
描くものを決めたら赤色鉛筆でこのように描きます。怪人に関してはほぼ資料を見ません。知らない動物やどうしても気になる部分などがあれば検索して一瞬だけ見ます。動物なら大きくイヌ科とネコ科に分かれることと、筋肉の流れとか目や鼻などの位置関係は大体覚えているから予想は付くんだよ。人の筋肉と骨格は自分見ればいいし、年齢や筋肉、脂肪のつき方などで変化する姿勢なども普段から観察しておけば常に資料を首っ引きでなくてもなんとかなるよ。というか、何とか出来るようにするための練習で怪人を描いています。

さらに細かく描きます。
この怪人の連作だけのことで、怪人の向いている方向はそれなりに考えていて、敵の組織の怪人は向かって右向き、その怪人を殺すレッドヴァイパーとその味方は向かって左向きに描いています。どちらでもなかったり、寝返ったりする場合は正面を向いています。体は向かって右だけど顔は向かって左などもいます。それも寝返ったりどちらでもない第三勢力なことを表現しているのです。

鉛筆で細かく描きます。赤鉛筆は芯ホルダー、鉛筆は0.9mmのシャープペンです。ちまちま調子を描くのが好きなので描いているだけで描いても描かなくても色塗ってしまうとあまり関係ないかもしれないね。
消しゴムは使いたくないので使わないです。消すのが面倒ですからね。
赤色で下書きを描いているのはスキャンしてから消せるからです。こうすると消しゴム要らずで描けます。ペンの感じも好きなんですが鉛筆も好きなのと描きやすいので鉛筆で描いていまして、画像編集ソフトで明度など適当に持ち上げれば描線をBL100%に出来るのでまぁいいんじゃないかと。描いたままが仕上がりだと困りますが、今のところパソコンで仕上げるからね。

色塗りは怪人じゃないけど以前に書いたこちらと同じです。

過去作で作業中。

かつて作った戦車と戦闘機を引っ張り出してレンダリング。てきとうでもオリジナルキャラは作っておくと後々便利だね。こういう時にリユース効くし、誰かに許可貰ったりしなくていいもんね。これで僕がやりたいのはかつて描いた絵の再利用であって誰かに許可を取る作業じゃないからね。
11/3のライブドローイングの時ににぎやかしに冷マ(冷蔵庫に貼られているどこからかやってきた、主に水道修理の宣伝の付いたマグネットシート)作っては貼ろうかと思います。めっちゃくちゃ人気があれば売りますが、非売品です。

ドテドン対メカギラス 特報


to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

PACNIC CAKE 22

自分で忘れることは無いがどうやって塗っているか書きます。
道具はiPad ProとペイントアプリのProcreateです。スタイラスは自作していますが、指でもApple penchilでもなんでもいいです。以前にもProcreateでの色塗りについて書いた気がしますけど、ほぼそれを踏襲しています。
まずドローイングを完成させます。赤色の鉛筆であたりを取っています。その上に油性ペンで描きます。あたりを撮っている割には体半分を忘れています。

続きを読む

ドテドン制作中

忘れていませんよ、ドテドン。顔だけ見ると完成しているように見えますね。全然ですけど。

making18081602

口の中も作っています。

making18081501

メカギドリも進行中。ややこしくて何をしているか分からなくなる形。

mxd15sec01_fix180804 from murbozero on Vimeo.

making of dotedon

ちまちま手を入れています。全然進まないと思っていたら、手と足を作っていました。足は手を改造して作っています。親指が長いかな。全く分かりませんが、口の中も空間を作りました。そのほかちまちま調整。全然できていないのは口の中だけになりました。自主制作でありながら自主制作じゃない側面もあり、モチベーションを保つのがなかなかしんどく、こうやって進んでも進まなくても進捗状況を書くと低空飛行ながらやる気は維持できるんじゃないかと思っています。

mxd15sec01_fix180804 from murbozero on Vimeo.