刀のさし方。

OCTA ORCAに刀を持たせたいことが理由ではなく、刀と鎧兜について調べていたら刀の携帯の仕方が違っていたことを知った。知らなかったのは携帯方法が刀の種類によって違うことと刀の向きだ。太刀は帯取(簡単に言うと紐)で腰から吊るし、打刀は帯に差す。刃の向きは太刀が下向き、打刀が上向き。僕がやりたかったのは打刀のやり方だ。ロボットが携帯するので完全に同じにする必要はないが雰囲気作りしたいのだよ。
それで、違っていたのは刃の向き。下向きにしていたのだ。それぞれなぜこうなっているか理由は長くなることと、いまだ聞きかじった程度なので大して知らないからだ。ということで、レンダリングやり直し。

カメラの位置と角度。

どこのブログでも書いてるローアングルとローポジションの違い。アングルは角度でカメラを向ける角度、ポジションはカメラの位置。ローは低いってことで解決してしまったのですけど、これでは実感がわかないので作ってみました。まずカメラをモデリングします。適当に四角を描いとけばいいものをわざわざ作ったのはオブジェクトの在庫が欲しいからです。とはいえ相当荒っぽい作りです。更にそのままだと今回は小さくて見えないので拡大しています。
被写体とセットは自作のOCTA ORCAです。自分でも懐かしくなっています。セットの壁などが足りないので適当にコピーして広げます。レンズは50mmに設定しました。出来るだけカメラの位置と角度だけ変更するようにしました。

これはアイレベル。OCTA ORCAは2メートル程度の身長です。で、カメラをだいたい人の目の高さの位置にするとOCTA ORCAと目が合います。

カメラと被写体の位置をサイドから見た絵です。

アイレベルのアングルのままカメラの位置を下げます。低い位置にカメラを構えるのでローポジションです。

続きを読む

1/48ドテドンの途中経過190309

完成するのか、そもそも作るのか自分でも不安なドテドンの腕と脚のパーツの切り出し。比較対象物を入れるのを忘れたので大きさが不明だね。手はおおよそ大人の手ぐらいある。ドテドンの手は大きいので人の身長までの高さは無いよ。
これで180x90x1cmのスタイロフォームもを三枚と少々消費。三枚では足りなかったなあ。腕と脚は伸ばした状態の当たりを描いて、後で曲げてポーズを作ります。

ProcreateとPhotoshopのレイヤー。

最近はこのように直立不動的なデザインをプレゼンテーションするような絵ばかりを描いていまして、画材の殆どを鉛筆(0.9mmシャーペン)とiOSアプリのペイントソフトProcerateで作成しています。鉛筆は紙に描いているので何らかの方法でデジタル化しなければ仕上げられません。僕はスキャナーでスキャンしてPhotoshopフォーマット(以下、PSD)にしてProcreateにDropBox経由で読み込んでいます。その辺りの経過はいくつかの別のエントリーで書いています。
背景は見かけ上は白いですがレイヤーとしては透明です。のちに背景などの要素を作って仕上げたいからとか、他のキャラクターと並べたいからです。そのためにキャラクター部分だけ塗りつぶしたレイヤーを作っていまして、これが面倒くさくて創造的でないために結構なストレスになっています。さらに時間もかかります。

続きを読む

どうやって作ろうかな。

この前買ってきたスタイロフォームを放置しておくのも場所を撮るので裁断して重ねた。却って場所を取るのだけど、どうしたものか。もう作るしかないな。取りあえず横から見た完成想像図を描いた。最初は赤いスマートチョーク(5mmの水性クレヨンのようなもの)で描いたら全然描けなかったので油性ペンで描きなおし。全高54..5mm程度あるのにもともと180x90cmの板から切り出しているのですごく小さく感じる。しかし上に乗っているのは最近比較対象に使っているGフレームのザクだ。そこそこ大きいのだよ。おおよそ1/48スケールを想定している。1/35スケールで最初は考えていたが、全高70cm近くになると横のボリュームも大きくなるので1/48にした。このスケールだと戦車も飛行機も既存のプラモデルがあるので比較するものを用意しやすいこともあるね。戦車と飛行機の二種だけなんだけど。

足が描けていないのでやや全高が伸びるかもしれない。尻尾は描いた成り行きにするつもりだったので描けていなくて問題ない。肩と腿の丸い部分が透明な設定で、どういった素材を使ったらよいか未だに決めていない。できれば透明にしたい。

続きを読む

OCTA ORCA variation 190203

ぼつぼつ作っているが見せられるものがないので自前で制作しているものから。以前完成させたつもりだったがバリエーションは肩を形を変えていたのを思い出したので作り起こし。

これは手に殴る武装をしている。手自体を変えてはいない。この茶色に見えるものにバーがあってそれを握っている。そのほかあちこち変更している。

大砲も作ってみたいので制作中。OCTA ORCAの追加で作っている武装はアニメ的になってしまったのでまぁいいかと思っての大砲。こういう感じの大砲はあんまり好きじゃないんだよね。ただでさえ馬鹿に屁理屈をつけているキャラクターなのにそこに馬鹿の上塗りみたいで。

アニメもどうにか続きが作れたらね。