uniball oneで描いた。

今回はKUKUIはなくて、まあぼん。まあぼんで描く絵ですらなくて、まあぼんのイメージイラストです。

画材はゲルインクボールペンのuniball one。新開発のはっきりした黒色のインクが売りなんだけど、ゲルインクは大体油性インクより深さのある黒なのであまり黒の発色については気にならなかった。同じ太さでも油性インクのようなカリカリした感じは無い。ジェットストリームのようなスルスルと走るように描ける感じもあまりなくて、それはゲルインク全般に言えることでもあり、かと言ってそんなに重要視していなくて自分にとっては許容範囲で、むしろゲルインクの柔らかい感触が気に入っている。油性インクであった長時間描いているとインクがボタつく現象がほぼ無いのも良い。
このuniball oneはボディのデザインもカッコいい。低価格帯の製品であることを忘れるようだ。そしてジェットストリーム互換にリフィルが使える。これで好きなリフィルを利用することができる。そのままuniball oneでもいいし、油性のジェットストリームを使うこともできる。前後してしまうが、個人的には太さが足りないと思ったので、ballsign ID同様にデザインが破綻することを前提にラバーグリップをつけた。最初から一回り太かったらよかったな。

紙にボールペン。

uniball oneとballsign IDを改良。

気に入っているボディのbaiisign IDの先端をつや消し黒で塗装。シルバーの成形色はやっぱり安っぽいし、この程度のシルバー成形色で反射することはないけど、一応反射防止に塗りました。
ballsign IDはジェットストリームもリフィルと互換性があるので、そのジェットストリーム互換のリフィルも使えると思っていたら太い部分の系が太いのでジェットストリーム以外に互換性がないことを身をもって確認したので、このままオリジナルのリフィルを使うことにして、気に入ったボディとリフィルで使うのはもう一つきにいっているuniball oneで実現しようと思いました。

続きを読む

サラサで描いた。

サラサのリフィルとuniball oneのボディで描いた。ジェルインクはどれで描いてもそんなに変化はないね。大昔みたいにメーカーや種類によって大きな変化はないと思う。あ、あった、速乾性だ。これはエナージェルに軍配が上がると思う。少なくとも僕が描いた感じではエナージェルが良いと思う。もちろん描いたすぐに乾燥している都合の良さはないし、サラサでも数秒待てば乾いている。それが待てないわけではないが、うっかり書いたすぐのインクの上に手を置いてしまったトラブルを少しでもインクで回避できたら、自分に出来の悪さを道具で補間できるのではないかと思ったのです。ゲルインクの筆致やインクに色の濃度などはボールペンくささが低いので気に入っている。

絵は制作中の短編、循環するビデオの#4、KUKUIに登場する少年。レイアウトは違うがこのようなシーンも登場する予定。

紙にボールペン。

uniball one

水性ボールペン、uniball one。これいいね、描きやすい。寝かせすぎると描けないのはボールペンなのでしたかがないが、それでも結構寝かせ気味でも描ける。

ボディの太さはブレン程は無く、一般的なボールペンと同じ。ボールサインIDと同じように別のラバーグリップをつければ太さは解決するが、元々ラバーっぽいグリップは付いているので勿体無い気がする。無視してつければいいか。でもこれはデザインが綺麗なのでこのまま使いたい。
赤鉛筆の上にも描けるので下書きができる。
水性が嫌だ!と思ったらジェットストリームのリフィルも使えるよ。at your own risk.

ballsign ID 0.5mmを改良する。

折角の見た目の良さを台無しにする改良だ。しかし、個人的には使用感は良くなっていると思う。素敵デザインとは裏腹のスッカスカに軽いプラスチックのボディは唯一の金属パーツであるクリップのせいで重量バランスが後端に寄っているのです。考え抜かれたボディ断面も実際はあんまり効果ないんだよね。発想はとても良いし、こういうのに興味を持つんだけど、理想と現実みたいな感じはすごくある。これはそのまま金属製ボディにしたら効果を発揮するんじゃないかとか思ったり。
思ったところでメーカーじゃないので実現できないから、ストックしておいたボールペンのラバーグリップをつけました。ボールサインIDの設計を台無しにしてしまうが、重心が中心に寄って感覚的には低重心になっている気分。握る部分の太さがブレンと大体同じくらいになって持ちやすくなった。僕はブレンの太さくらいが持ちやすいと思う。持ちやすさが描きやすさに繋がり、とても快適になった。
大きく寝かせて描くことができないのは個人ではどうにもできないが、ラバーグリップを追加するだけで使用感が向上する。追加グリップは情報を控えていないのでどのボールペンのグリップかは不明。

ボールサインIDはジェットストリームのリフィルと互換性がある。メーカー保証外になるけどね。

ballsign ID 0.5

絵を描くのにジェットストリームより良いボールペンはないか探す件。
今回はサクラのボールサイン IDの0.5mmピュアブラック。このシリーズは六色のダークグレーを楽しむような、文具好きへのアプローチがあると思うが、全く無視して絵を描く道具としてどうか、気にして描いてみた。

見た目はかっこいい。持った感じはブレンより細い感じ、全体にやや軽く感じるのは印象だけではないと思う。ブレンは振動を極力少なくした設計になっているが、このボールサインIDも思いっきり振らない限りカタカタと振動することはない。ペン先の少しの揺れも許さないならともかく、ボールペンに対して振動をポイントに選ぶならボールサインIDでも良いと思う。でも僕は持った感じはブレンが良いと思った。太さとか重心が低いとかの点です。

じゃ、ボールサインIDはどこが良いと思ったか。インクだ。ゲルインクはシャープに描けて若干の粘りというか軽く走る感じがとても良いと思った、赤鉛筆の下書きの上でも描ける。ブレンのときも同じこと書いてたかな。自分に合っていない点は大きく寝かせて書くと描けなくなる点だ。他のボールペンでは気にならなかった。他というのはジェットストリームなどだ。ペンをかなり寝かせて描く癖があるため気になってしまう。いまのところ、ブレンのボディにボールサインのリフィルが良いと思う。

しかし、ブレンにボールサインIDのリフィルは入らないのでリフィルを優先してボールサインIDが自分には合っているのかと思う。ゲルインクは大昔に気に入って使っていたがいつの間にか使わなくなっていた。あ、ブレンも赤鉛筆の上に乗るし、単純に好み以外ではよいんだけどね。良いと言いつつ、まだ迷っている。

絵コンテを描く道具。

パンやらズームが頻繁に出てくるのとフレームを気にしつつ自由に描きたいので手書きです。用紙は自作。ボールペンはPILOTのRexgrip、これが良いから使っているのでなく、たまたま何本かあるので早めに消費したいから。見た目は綺麗なのでホルダーとして使いたいがジェットストリームのリフィルは入らないんだよ。ナンバリングするだけに使っています。ボールペンは油性ならジェットストリームが描きやすいです。
The Gripperは0.5mmのシャープペン。クリップは鬱陶しいのでノコギリで切りました。古いペンなのはまたまあったから。ほとんど使っていないです。細かい文字を書かなくてはならないのでその時だけ登場します。クルトガはクッション効きすぎなのが苦手。広い場所で小さな文字を書くなら良いかもね。今は狭い場所に小さな字を書くのでカチッと芯が定まった方がいい。
PRESS MAN0.9。これでほとんどを描いています。良い点は安い事くらい。長年使っていた0.9mmシャープが壊れたのでこれにしました。0.9mmはあまり店頭に無いし、通販でも種類が少なく、選択肢がほとんどないので高いか、これです。0.5mmをメインにしないのは絵が小さくなるから。しかし今描いているサイズは名刺と同じくらいですね。
芯ホルダーはカランダッシュのFIXPENCIL。これもクリップを外していますー。外せるクリップは全部外します。金属製で軽いです。赤い芯はuniです。下書きに使っています。消しゴムはダイソーのやつ。ほとんと消しゴムは使わない。赤で下書きすればスキャンしてあとで消せるのでね。消す時間、作業が好きじゃない。消しゴムを巻いている紙の四隅はハサミで落としています。角があるとここからボロボロになります。消しゴムは断面が長方形より正方形が使いやすいと思う。まとめると赤鉛筆で下書きして鉛筆で描いています。ってこと。まぁ、何使って描いても変わらないよ。

JETSTREAMとREPORTER SMART

ボールペンはジェットストリームが描きやすいので、わざわざ替え芯とマルチペン状態のものを探しに行きました。amazonでも売ってますけど、暇だったし、価格が低すぎて送料問題が発生したので。
田舎なので文具店が無いんですよ、もうそこからスタートです。ボールペン以前の問題ですよ。専門店が無いときは本屋です。本屋は本が売れないので、おしゃれ雑貨とか売ってるんです。ビレバンのパクリですよ。ありました。しかし定価です。なんかamazonより高いと負けた感じがするので、今度はDIYショップへ行きます。ここなら割引価格だろうと予想していたら、商品そのものがありませんでした。ジェットストリームはあるんです。トンボのREPORTER SMARTが無いんです。がんばれトンボ。棚の確保は営業の仕事だ。 続きを読む