Procreate 4.3.3について

今更バージョン4.3.3のProcerateについて。気になった機能だけ書きます。ほぼ基本機能しかつかっていないから、機能が増えてもあんまり嬉しい!気持ちはないんだよね。
とりあえず先に貼ってしまったのでアニメーション機能について。

もたもたしているうちに4.3.4へマイナーアプデートしている。こちらも確認したいがまだまだ先になります。
4.3.3からアニメーションの書き出しができるようになりました。できるのは書き出しです。プレビューは出来ませんし、フレームレートも最初に設定できないのであります。

続きを読む

iPad Pro用のペイントソフトで問題。

iPad Proで絵を描くにはやっぱりProcreateか。Abode関連は良いのだがクラウドが自前なのと、描画サイズをどうやら変更できないみたいで、やりたいことには解像度が足りない。解像度が足りないことがタブレットとかスマホだと認識しずらいんだよね。三分の二くらいのサイズだとそこそこきれいに見えちゃう。PCに送るとなぜか小さいとか大きいとか。
iPod touchではAutodesk SketchBookを使っていて、これで間に合っていた。使っているiPod touchも古いのでアプリもアップグレードできず、現状がどうなってるかわからなかった。iPad Proに同期してみると、これもしてみるもなにも自動的に同期されていた。起動するとなんてことなく動作してしまうためにiPhoneアプリでもiPadアプリのように見える。しかし表示は拡大だ。しかもiPad Proなのでさらに解像度が高く、めちゃくちゃ拡大である。不幸中の幸いでSketch Bookは解像度が選択できるために1600x2400pixelで描いた。拡大しているのか原寸なのか今一つ微妙な感じだが、Dropbox経由でPCに送ると問題なく1600x2400pixelで保存されていた。これで問題ない気もするが、やっぱりね、画面に対して原寸じゃないし。で、AdobeからAdobe Sketchというのが出てるので取り敢えず描いてみたら、Adobeのクラウドとしか連携しないし、画面サイズも固定だ。ちょっとだけ小さいようで1536 x 2048pixelだった。描いた感じは悪くないんだよ。
最近のSketchBookは仕様が変わったみたいで取り敢えず無料で使えて、画面サイズの変更や描いた絵の位置やサイズを変えるにはアドオンを買わなくてはならない。100円差なら評価も高いProcreateを使ってみようかと思いつつ、別件作業する。

‎Procreate
‎Procreate
Price: ¥1,200+