2020年8月17日の昼食。

でかけたついでにブロンコビリー。なぜこの近辺に来るとブロンコビリーなのかわからないが、とにかく肉がメインの飲食店を中心に見たいらしい。と思ったら、ここはサラダが美味しいそうな。確かにサラダは充実している。肉じゃないのかw。

パン

ご飯が多いのでパンを頼んだ。外では理由がない限りパンだな。美味しいパンがある店を教えてほしい。ほしいって言うほど切実じゃないけど。

サカエパンのあんぱん

あんぱん。120円。いちいち名前にちゃんとかくんとか敬称がついているのはまぁ、色々あるんだろうが、そういうのに付き合ってる趣味ないんで割愛する。
あ、このアンパンは美味しかった。美味しい箇所については後述して、その前に悪口だw
サカエパンは岐阜市ではそれなりに知られた存在だ。僕は高校の通学でこのあたりを通過するはずだったが、どういうことか通ることがなく、知ってはいたが特別興味もなかった。ババアが作ってるノスタルジック感あふれるパン屋とかテンプレ化出来る状況自体がどうでもいいと思っていたし、今でも思っている。ごめんね、悪口ばかりで。未だに興味ないんだよ。素敵とは全然思わん。何年も続けて営業されている点については純粋に敬服するがね。それと興味があるかは別。

随分前に地元情報サイトの企画募集でカレーパンについて提案したら採用された事があり、その成果のカレーパンがいくつかの店でカレーパンが作られ、それらを全部買いに言ったついでに、じゃなくて、メロンパンがすごく気になった事があり、あちこちのパン屋のメロンパンを食べ歩いたついでに寄ったのだった。その時は惣菜パンが中心で菓子パンは少なかったんだよ、僕は全く関心がなかったが名が知れていて、美味しいと評判もあったので菓子パンと惣菜パンを買ったのだよ。食べたら全然不味くて全地球人馬鹿舌かと思ったよ。もしくは買収されてるか洗脳されてるか。パンの色がグレーでパスパスのカスカスで全く菓子パンにあっていないし、惣菜パンとしてもウスターソースが染み込んだ状態でやっと味がするものの、パンが紙っぽい感じで地獄この上ない。これを不味いというのだ。

そしてトラウマのように不味いのに美味しいと言わなければいけないサカエパンの印象が強く、それともう一つ印象が良くないのはヘーベルハウスのヘーベル君を改造したキャラクターを未だに展示していることだ。こういうの僕は全然許せないし、許せる状況は「こいつ、バカ。社会不適合者、クズ。下衆なことやって商売する下劣」である滑稽さだけだ。まぁ、ちょっと関わらざるを得ないまちづくりの観点からもこういうのは本当にやめていただきたい。
まだ悪口かw かと言って良いことやってるのにケチつけてるわけじゃないからな。

同行者がどうしてもサカエパンに買いに行きたいらしかったので、不味いというのはいい難いから「品質のブレが大きい」と言ったら「よく分かってるじゃないかw」というので、まぁ、そんなもんなんだろうな。
期待せずに買ったアンパンはあんこぎっしりでパンもカスカスじゃなくてそれなりにしっとりして菓子パンとして及第点でしたよ。個人的には半分の大きさと餡の量で100円がいいな。

ホテルの作ったメロンパン

ホテルの作ったアンパンに続き、ホテルの作ったメロンパンだ。大きさはアンパンとだいたい同じ。200円。比較対象を置いていないので価格からくる違和感が見えないが、直径8cmくらいだ。しかし密度が濃い。当然発酵して膨らんでいるのだがパンがぎっしり詰まっているようなのだ。

よくあるメロンパンはクッキー生地が厚く固めに仕上げたり、空に対するパンの湿り気のなさを補強するためにクリームを入れていることがある。あれはあれで駄菓子屋感覚で楽しいが、そういうアプローチはまったくなく、クッキー生地もパンも比較的しっとりしている。もちもちと言い換えたほうが的確か。クッキー部分もむしろ薄い。メロンパン専門やこだわりパン屋さんの方法論の全部逆を行くような、なんでこうしたのか聞いてみたくなる美味しさだ。あ、これ美味しいです。そういえばこだわりメロンパンでたまにある油っぽい感じは皆無だ。まぁとにかくホテルのポテンシャルが垣間見えるメロンパンです。て書いたら後3つくらい貰えませんかねぇw

ホテルの作ったアンパン

うちでホテルが作ったと書くとホテルに手足がついて自律行動をしてホテル怪獣になり、アンパンを製造する感じがするが、ホテルの然るべき考えたり調理したりする人たちが作ったアンパンだ。

簡易でいいから本当に撮影ブース作らないといけないな。こういうときに美味しく撮れない。

これは岐阜グランドホテルの作ったアンパンで、その大きさからむしろまんじゅう的な感覚ではないかと思うが、パンの中にあんこが入っているあんぱんだ。
250円の価格は割画家に感じるのは大きさのせいで、密度はよくあるアンパン以上に濃く、パンもあんこも粘りのあるもちもちしたものだ。あんこなしのパンだけでも満足感のある美味しさだ。あんこはこしあんの中に粒が生き生きとしている感じ。密度が高いからか控えめそうな甘さが意外と強く感じる。僕が材料や作り方などに興味があればもっと細かく説明できたが、そういうことはまったくないのでただただ美味しいと言うだけしか言えないねぇ。次は後ろに写っているメロンパンだ。