A person who transforms into XIGAMD.

XIGMADというオリジナルの怪人的なものに変身する人。自己か事件に巻き込まれて体の一部を欠損している。

これはsingball IDで描いている。水性系(ゲルインク含む)なら多分なんでもいい。昔のようにボールペン臭さはないし、入手が簡単。価格も安い。

紙にボールペンでドローイング。Procreateで彩色。

サラサで描いた。

サラサのリフィルとuniball oneのボディで描いた。ジェルインクはどれで描いてもそんなに変化はないね。大昔みたいにメーカーや種類によって大きな変化はないと思う。あ、あった、速乾性だ。これはエナージェルに軍配が上がると思う。少なくとも僕が描いた感じではエナージェルが良いと思う。もちろん描いたすぐに乾燥している都合の良さはないし、サラサでも数秒待てば乾いている。それが待てないわけではないが、うっかり書いたすぐのインクの上に手を置いてしまったトラブルを少しでもインクで回避できたら、自分に出来の悪さを道具で補間できるのではないかと思ったのです。ゲルインクの筆致やインクに色の濃度などはボールペンくささが低いので気に入っている。

絵は制作中の短編、循環するビデオの#4、KUKUIに登場する少年。レイアウトは違うがこのようなシーンも登場する予定。

紙にボールペン。

エナージェルで描いた。

リフィルはエナージェル0.5mm。ボディはuniball one。ジェットストリームのボディでも使える。残念なのは改良中のballsign IDでは使えないこと。入るんだけど操作できない。
水性ゲルインクはジェットストリームとは違うスッとした感じで描ける。良いと思ったのはボールペンの割には比較的寝かせても描けること。単に自分の癖なだけだが。鉛筆と似たように持てるのは気が楽だ。もう一つは乾燥が早い。向かって左上から順に描けば問題にならないのに気にしている乾燥の早さなのは、適当に好きなところから描いているからです。ballsign IDのリフィルではダメかと言うとそうでもないけど、速乾性についてはエナージェルが秀でていますねぇ。僅かの差ですが、てきとうに気兼ねなく描けるのは気持ちの上で楽なんです。赤鉛筆の上にも描けます。これはballsign IDでも同じ。ボディをエナージェルじゃないものにしようとしているのは自分に好みのボディで使いたいからです。今は個人的次点のuniball oneで使用中。これは径が細いんだよね。後付けでラバーグリップをつけないのは元々持つ位置がラバー的なものになっているから。気にせずにつければこれもいいけど、デザインが崩れるのが気になる。

絵はこれまでバンドネオンを描いていなかったので、自分で実感するためにも描きました。避けてたわけでなく、なんとなく描かなかった。シンプルな形なので雰囲気は掴むのは簡単でもきちんと描くのは結構手間がかかります。

紙にボールペンでドローイング。