久しぶりのカリグラフィ。

パソコンやタブレットのペイントツールでカリグラフィは書けるのにカリグラフィは専用のペンでなければ書けないと思いこんでしまって、ペン先を買ったのでわざわざペンで書いている。
カリグラフィは本物のペンよりパソコンなどのほうが書きやすい。理由はいくつかある。
インクが長持ち(コンピュータにはインク自体がないので無限に書ける。特にカリグラフィペンは普通のペン先よりインクが持たない。)。
ペンに方向性がないので紙に引っかからない。
太さが自由。(本物はコンピューター以上に限界がある。)
インクの乾燥を待たなくて良い。
圧倒的にコンピュータで書くのが有利なんだが、それでも本物のペンで書いているのはせっかくあるし、制限があることで練習にはなるからです。
イラレなどなら書いたらパスになるから時短になるし便利だよ。

大武神の表紙

bujin-cover-c-cover800
月刊ペースで配信している電子フリーペーパー、北極大陸の第16号に掲載している栗林元さんの小説“大武神”のトビラをデザインしてます。
描きました。ではないのは、レイアウトや文字も自分で書いているからです。
大武神ってなんだよwというと、大魔神です。まぁいろいろあるんですよ。てなことで、北極大陸を読んでもらえると良いなと思っています。