エビフライなどへのスローガンを作る。


エビフライ型飛行船などにスローガンをつけることにしました。理由があって簡体字にしたかったので、google翻訳など利用してみましたが、官公庁の機械に付けることにしていたので、これって役所っぽい文言になっているのかな?と疑問になり、中国語が堪能な方に相談し、翻訳してもらう事にしました。
しかし、自分たちはともかく、翻訳される方は中国人なために日本語で説明しても理解が深まらないということで、このコピーが載っていそうなポスターイメージを作り、説明としました。 続きを読む

Send to Kindle

エビフライを制作中。


久しぶりにモデリング中。しばらく触っていなかったがモデリングについては手が覚えているようだ。良かった。アニメーションについては全く自身が無い。
何でエビフライを作っているかというと飛行船にしたいのだ。それでも何で?と言いわれると展覧会(に出す予定)のテーマが名古屋だからであり、飛行する物体だからフライ(fly)なのだ。

 

Send to Kindle

XIGMAD ロゴタイプをモデリング。


イラレでデザインしてLightWaveでモデリング。文字自体の立体になっている部分は押し出してから手作業で修正して成形した。ベベルの角度が都合よくまとまらないため。
色はもうちょっと詰めたいなあ。
ヒマなのでちまちま作っています。

Send to Kindle

発掘。昔に作ったCG

整理していたら昔に作った3DCGの絵が出てきたので懐かしさとともに公開。恥ずかしいばかりだが。データは無いのでプリントしたものをスキャンしています。
これはデザイン会社にいるときに仕事で使おうと思って作ってたと思う。確か使用ソフトはadobe dimensionsだったと思う。イラストレータにバンドルされてきたはず。当時いたデザイン事務所では3DCGに関してあんまち積極的ではなく、周囲の模型関連界隈でも積極的どころか否定的で、僕はそれに負けていた。だから当時デザイン関連で話題だったソフト(ストラタなんとかだった。忘れた。)も本で見るだけで、地獄のshadeばかり勧められ、辛い日々でした。あれはめんどくさく見えた。で、イラストレータにバンドルされた簡易3DCGソフトで文字を押し出したり、プリミティブを繋げたりしていました。それがこれです。まぁ、何とかなるんじゃないかと思ったんですが、解像度というか品質にビビりまして、 続きを読む

Send to Kindle