キモイヌ塗った。


人が作ったのをキモイというのはどうかと思うが、そういう方向性で出来上がったオリジナルメカ犬、キモイヌ。正式にキモイヌという名前じゃないけどね。
アニメの3DCGディレクターの渡辺哲也さんのオリジナルデザインのフィギュアです。たぶん色塗ったのは初じゃないだろうか。全長3cm位の手のひらサイズ。
下の緑やオレンジの部分は3Dプリントの時のサポート台をひっくり返して使っています。それぞれの台座の手前の空間は名前を入れる予定。
アクリル塗料で下地だけ塗って仕上げはアクリル絵の具。赤い方は後からアクリル塗料のクリアを塗っている。塗料が古くて結局慣れた絵の具で塗ってしまった。
このキモイヌ(未塗装)が欲しい!買いたい!(価格未定)人はリクエストしてみよう!

Send to Kindle

何故フォントを作っているのか。


説明用のポスターっぽいものを作っていて、ここはロゴタイプみたいに見せたいと思ってほんとに簡単な作りのレタリングをしまして、カタカナだけでなくアルファベットでもあったほうがいいかなとか思ったので、ついでに大文字だけでも全部作ろうかなと思ってしまったのが余分な仕事で、ロゴタイプよりフォント作りになってしまった。まぁ、自前のフォントの数が増えるに越したことは無いので、まあいいが。
単純な線で構成しているので、太さを変えてバリエーション作っとこうかな。その前に正体も作るべきだなあ。

Send to Kindle