メインマシンもWindows10にアップグレードした。

なんだかもやもやしてぐっと動く感覚が持てないので思い切ってメインマシンもWindows10にアップグレードした。サブマシンよりスペックが高いからかサクッと問題なくアップグレードできた。うちの状況は現行型式のカローラ(サブマシン)と型落ちのレーシングカー(メインマシン)というのが例えとしてはわかりやすいかもね。
問題はアプリケーションがまともに動くか。恐る恐るそれぞれ起動するとAfterEffectsは問題なし。Lightwaveも無問題。Adobe Media Encoderもやや糞詰まりながらきちんと動く。Premiereはマーキュリーエンジンがダメっぽくてソフトで代用するらしい。じゃぁダメかというと見た目上は問題ない。3D-cortが一番の気掛かりだったが、案の定起動がものすごく遅い。動いてしまえば元々もっさりだったので、そのままもっさり動く。実は全部バージョンが古いので大変ビビりまくっていてOSをアップグレードしていなかったのだ。一応全部動作するので頑張って作ろうかな。

パーティションの破損ではなかった。

パーティションの破損だと思い込んで調べていたら、どうやら自分の思い違いでデータが格納してあるパーティションをフォーマットしてOSをインストールしてしまったことが問題だった。
もう戻ってこないデータはあきらめるしかないが、あきらめ切れなかったので、サルベージツールを探して復旧を試みました。
前にも破損したマイクロSDカードからデータを発掘してたがすっかり忘れていた。今回はフォーマットしているし、勘違いもあってパーティションの破損からの復旧で調べ、結局答えは同じだったがファイナルデータの体験版でとりあえず検索してみた。


続きを読む

DiskDigger

DiskDiggerはwindows用のデータ復旧ソフト。
シェアウェアだが、登録しなくても使える。削除したデータ、主にjpegデータをかなりの確立でサルベージ出来る。
緊急事態に使うにはコスト面、と云っても数千円ですけど、で躊躇するかもしれない。

recuvaとSpeccy

recuvaはWindows用のファイル復元アプリ。無料。

SpeccyはWindows用のハードウェア情報確認アプリ。無料。

Smart Defrag 3

Smart Defrag 3はWindows用のデフラグアプリ。無料。

Pencil

Pencilはlinux、Mac OS、Windowsなどで動作する2Dアニメーション作成アプリケーション。フリーウェア。


swfでの書き出しの他、PNGやJPEGの連番で書き出せるので、他のアプリケーションとの連携がやりやすい。

SoundEngine Freeなど。

SouneEngine Free(以下SouneEngine)はWindows用の録音アプリケーション。以前ポッドキャストを始めた時に使っていた。特別驚くようなことは無いが、パソコンで録音をした事の無い人でも使いやすいアプリだと思う。僕は使いやすかった。使っていたのは録音パートだけで、編集はPremiereAbleton Liveを使っていた。前者は映像編集アプリ(さっきからアプリといっているが、スマホのソフトウェアじゃなくてもアプリケーションだからな。)後者は音楽トラック作成ソフトだが、たまたまこれらが合ったり、これしかなかったりした時期に使っていた。今は録音から編集までAbleton Liveを使っている。

仕様アプリを変えたのは効果音などを自作したかったからで、ポッドキャストの収録だけならSoundEngineだけで全く問題ないですよ。

今のデスクトップ

こうです。

ryuki_desktop

他人のデスクトップを知りたいので、まず自分のを見せてみようということで、いくつかあるパソコンの一つ、最近作ったパソコンのデスクトップはこうなっています。
タスクバーとゴミ箱とランチャーだけです。壁紙も無し。壁紙あると表示にメモリ食うからね。食うのか?

デスクトップは出来るだけシンプルに。他のパソコンもほぼ同じ構成で、画面の色だけ違います。ここは変えておかないと、どのパソコンを使っているか分からなくなるからね。

データはそれぞれフォルダに入れて仕分けていますよ。

パソコン自作

昨日の話。

自分の道具は自分で作ろうと思って自作。組み立てるだけなんですけどね、結構面倒。
11072401
ちまちまパーツを買い揃え、通販で。だらだら組み立てていました。配線が面倒なので他の作業を理由に若干放置していたんですが、時間も出来たので完成させました。
続きを読む

ObjectDock

ObjectDockはWindows用のアプリケーションランチャー。

パソコンを使い始めた頃からランチャーは欠かせません。デスクトップにアイコンを並べるのは好きじゃないし、スタートアイコンやアップルマークから選ぶのもなんだか嫌だったので、アイコンを並べてさっと起動できるのが良いと思っていました。

昔のMacではアイコンだけシンプルに並べてタブで分別できるものがフリーウェア(後にシェアウェア。そういえば当時の上司がシェアウェアをショアウェアって言ってたなぁ。懐かしい)であった。Windowsを使うようになってからは、みやめにゅ2を使っていた、今も使っているけど、Visaには見た目が合わなくなってきたので、フリーウェアを探しました。

で、ObjectDockです。Macみたいなランチャーです。タブで分別できない以外は問題なく使えております。ランチャー自体のバーのエッジが変な形なのは我慢できる範囲なので我慢しております。


DLはこちらがよいようです。