Ableton Live 10へアップグレードした。


Ableton Live 10へアップグレードした。Ableton LiveはDAW(Digital Audio Workstationの略。音楽や音を作る総合アプリケーション。簡単に言うと音楽ソフト)の一つでAbletonは開発している会社名であって、ソフト名は単にLiveなため、ソフト名だと生演奏のライブと混同するので続けて書いている。


一つ置きにアップグレードする予定でいたが、バージョン9に有料アップグレードすると10は無料だったのでさらっとアップグレードし、10を待つと、このバージョンからは64bit版しかないのです。先に言えよw 全然アナウンスないんだもん。

Ableton Live 10は64bit版だけです。32bit版はバージョン9までです。

OSを32bitから64bitへ変更する。

仕方ないのでWindows10を64bitへ変更してから作業をしました。文にすれば一行で済みますが、一日かかりました。他のソフトをインストールしてたので余計に時間かかってます。ちなみにWindows10への1年間限定の無償アップグレードをした場合で32bit版を選択してものちに無料で64bit版をダウンロード、インストールすることが可能です。それなんで、やってみたのです。 続きを読む

Windows10のロック画面削除の件


デスクトップなどでWindows10のロック画面がうっとうしいと思うので削除したいもしくは非表示にしたいと思うのは個人的な感想だけではないらしく、検索すると削除方法などを書かれている方が大勢います。僕も見習って書きました。しかし、マイクロソフトはアップデートするたびにこの部分を強化して簡単には削除できないようにしてきました。いたちごっこです。特にhome版ではお手上げ状態です。できなくはないですが、とにかく作業が煩雑です。
結論として諦めました。起動出来たら最初にEnterを叩くのが儀式だと思うしかないです。MSに負けました。もうMSの奴隷です。あほか。
『サインイン画面にロック画面の背景画像を表示する』をオフにしたら楽勝じゃないか!とやってみたら単に画像は表示されないだけでロック画面自体は存在するのです。何を表示しているかといえば、背景画像に設定した塗りつぶされた色です。これを通り抜けるワンアクションが気に入らないんですけどね。

Windows 10 anniversary Updateを適用後ロック画面を非表示にできない問題。

以前、Windows10のロック画面を表示しない方法を書きました。


この方法はanniversary Updateは使えません。僕もアップデート後にロック画面を消したくて自分の書き込みを見ながら作業しようとしたら、変更部分は自分で変更したままになっていました。ということは、もともとロック画面を表示しまままにしていてanniversary Updateを機会にロック画面を消そうと以前の書き込みのような作業をしても効果がないのです。

仕方がないので調べました。
microsoftでの質問ページレジストリをバリバリいじれば出来なくもないようですが、僕にはどんどんハードルが上がっていくので、究極的は方法「我慢する」を現状、選択するしかないです。

OKwaveのこのスレッドによると


仕様が変更されて通常の方法では消せないようです。
本筋の回答情報はこっち

時期アップデートに期待するしかなさそうです。

そうそう、設定ページのロック画面のページの上に赤い文字で「一部の設定は組織によって管理されています」。怖いよw

それにしてもこの質問の回答者の方々は自分が対応したことのない問題を答えようとしているような、すごく他人ごとのように感じて。Windows10を使っていないように思えるのです。本件には直接関係ない話ですが。