200519の白いバラ

我社の庭の薔薇。三年くらい前から白いバラがきれいに開くようになった。
赤い斑点は多分病気だろう。調べたら灰色カビ病(ポトリチス)のようだ。
しかし、開花前に白いカビで覆われたりしていないし、庭なので風通しが悪いこともない。若干他の花が隣接して咲いているので空間を開けたほうが良いのだろう。

桜はスッと、もう葉桜。

今年は機会を逸して満開を撮影できなかったソメイヨシノ。

休憩にでかけた道すがらの桜。

分かりづらいけど、葉っぱがかなり出ている。桜はなんとなくもういいかなと思ってしまって撮影する気が落ちている。花よりも花が咲いているときの枝ぶりが気にはなっている。明るい色の中にシルエットのようになった木はいいんじゃないかと。

撮影と梅

撮影と梅ならば、梅を撮影した事はわかるだろうが、他にも撮影している。
梅は満開までは遠い。咲いているように見えるのはたくさん咲いているように見える場所から撮っているからだ。

実際はこんな状態で寒い。

市議会議員の議会報告会も撮っているのだ。もう十年後しなのか。そんなにやってるのか。十年やって議員は偉くなったが、僕は全然当時のままだ。本当にがんばらないといけない。

2020年の近所の蝋梅

梅をたくさん栽培している公園以外に近所でも蝋梅が咲いている。ほんのり距離があるので寄れるのはこのくらい。
今年は暖冬なので蝋梅がきれいだ。と思っているのにセンターに来るのが傷んだ蝋梅で辛い。