A person who transforms into XIGAMD.

XIGMADというオリジナルの怪人的なものに変身する人。自己か事件に巻き込まれて体の一部を欠損している。

これはsingball IDで描いている。水性系(ゲルインク含む)なら多分なんでもいい。昔のようにボールペン臭さはないし、入手が簡単。価格も安い。

紙にボールペンでドローイング。Procreateで彩色。

サラサで描いた。

サラサのリフィルとuniball oneのボディで描いた。ジェルインクはどれで描いてもそんなに変化はないね。大昔みたいにメーカーや種類によって大きな変化はないと思う。あ、あった、速乾性だ。これはエナージェルに軍配が上がると思う。少なくとも僕が描いた感じではエナージェルが良いと思う。もちろん描いたすぐに乾燥している都合の良さはないし、サラサでも数秒待てば乾いている。それが待てないわけではないが、うっかり書いたすぐのインクの上に手を置いてしまったトラブルを少しでもインクで回避できたら、自分に出来の悪さを道具で補間できるのではないかと思ったのです。ゲルインクの筆致やインクに色の濃度などはボールペンくささが低いので気に入っている。

絵は制作中の短編、循環するビデオの#4、KUKUIに登場する少年。レイアウトは違うがこのようなシーンも登場する予定。

紙にボールペン。

変身する人も再考。

変身する人をカッコいい見た目にしようとしていて必死でしたが、お面が張り付いた人にしたらいいんじゃないかと思い出して、ほかのスケッチを描く休憩に描いた。
ボールペンより鉛筆が描いてる感じがよいとおもった。ボールペンはジェットストリームで、スルスル描ける点は良いものの、連続して描くとインクがボタつく。こまめに拭いているが忘れるんだよね。