Calibreのプラグインとか。

電子書籍の管理ツール(電子書籍のiTunesみたいなもの)Calibreはプラグインがあり、機能を拡張できるので今更ですが二、三インストールしてみました。
多分、一番使われていそうなものがDRMを解除するDeDRMだと思われます。検索するとCalibreのプラグインと言えばDeDRMというくらいに先頭に上がります。
汎用のEPUBリーダーでAmazonで買った電子本を読むには必須でありますが今回はスルーします。やりたいことと違うので。僕はその逆でKindleでまともに読める縦組みmobiかazm3が作れるとよいです。


てなことでカスタムカバーを設定できるGanerate Custom Coverをインストール。これで表紙を自由に変更できます!でもなくて、書誌情報を編集するところで変えられるんです。プラグイン要らずw。
KindleUnpackはmobiフォーマットをダイエットしてくれる(圧縮と言ってるが実際は二重になっているデータを削除してくれる)プラグイン。選択した本のデータをダイエットさせてものを指定したフォルダに保存するのだが、これもCalibreで作ったmobiファイルはほかで作成したものよりそもそも小さいのだ。仕組みはわからないけど、すでにダイエットされているのでプラグイン要らずなんだ。 続きを読む

calibreでEPUBを編集する理由の一つ


電子本の管理ソフトcalibreでEPUBを編集しているのは表紙画像を入れ替えるためでもある。AozoraEpub3で先にEPUBを作っているため、表紙画像が縮小されてしまうのだ。仕様でこのようになっているのですね。


エラーが出ることもなく、表示されるので問題は無いが、本文より表紙が小さいのはやっぱり寂しい感じがする。そこで、calibreで表紙画像をオリジナルサイズに入れ替えているのです。他にも本の情報を編集したり、本文そのものも編集しています。完全に日本語が通ってはいないけど、横組みなら問題なしです。

北極大陸の表紙を並べた。

hokucover1223
calibreで表紙が並ぶとこのようになりまして、普通というか、売ってる本みたいです。最初の二つは自分用の途中経過とか制作用の資料とかスケッチなどを見るためにまとめたもの。

Calibreで電子本制作の練習。

電子本管理アプリCalibreで電子本の制作の練習。これまでAozoraEpub3経由してCalibreで調整していたのを全部Calibreで完結するようにしたい。
思ったよりは気楽に作れるが、日本語の細かなことには対応していないのであまり細かいことにはこだわらず、最後のページにTabke of Contentsという最初のページに戻るリンクの付いたページが自動的に生成されるので回避したい。
iPodtouch、Fire、PaperWhite、iPad Pro 9.7インチのそれぞれKindleアプリで確認してまして、まぁ絵が入ってるだけなので文章の確認は全く出来ずで意味があるかどうかだけど、表示の感じはiPadが好み。本当はPaperWhiteでカラーなら一番の満足なんだけど、無いものの話をしても仕方がないので、一応基準としてはスペックが高いけどiPad Proを基準にしていこうと思ってます。
パーソナルレベルなら本の管理もできるのでCalibreは良いなと思ってます。いまのこところね。

北極大陸の編集をちょっと真面目に作業しようとしている。

making-hokkyoku021
calibreを使って作業しています。


その前にAozoraEpub3でおおよそのepubを作っておきます。なぜcalibreかというと楽だからです。EPUBも作りますけど、勝手mobiも作成するためです。利点はsend to kindleで送ってもPaperWhiteで表紙が表示できること、データサイズをダイエットできることです。欠点は縦組みが再現できないことです。ルビもmobiに関しては怪しいですが、これはmobiの仕様なのであきらめています。mobiでルビが表示できない意味でなく、勝手に作って配布しているmobiではルビを再現できないだけでamazonでKDPなどで売る場合は縦組みもルビも当然再現できます。
これまでちょっとというか、かなり手抜きをしていて画像だけのページに目次のリンクが張れないとか、文字のある程度の装飾も何もせずのままでした。それをcalibreでできる範囲で編集しています。文字に色を付けることもできてリフロー形式でもデザイン的に攻めていけることもあるのですが、いまだグレースケールの端末がスタンダードで存在するので、画像はともかく、文字はスミ一色のままにしようと思ってます。

次回の北極大陸からすごくデザインが良くなってる!わけではなく、そこそも普通になるだけです。地味に頑張ろうと思います。

Push to Kindleで送ると表紙が表示される。


Push to Kindleで各種サイトをKindlePaperWhite(以下、Kindle)に送って読んでいます。
長文を読むには快適で、写真もグレースケースながら挿絵としては問題なく見られます。あまり連続で送るとKindleで糞詰まりになってしまうので、適当に時間をあけて送ると解決します。


それで、気になったのが、一定のブログを送るとそのブログの最初に載っている画像が表紙になるのです。Push to Kindleも送る仕組みはAmazon謹製のSend to Kindleを利用しています。Send to Kindleで送ると表紙は表示されないのです。iOSアプリのKindleだと表紙が表示されます。実用上大きな意味はありませんが、表紙があると本を一覧したときの識別が大変やりやすいので、やっぱり表紙があると実用的じゃないか。

ということで、どうにかして自分でもKindleで表紙を表示させたいので少し調べます。
続きを読む

青空文庫をKindleで読むために変換する。

青空文庫の小説などをKindle Paperwhiteで読むために地道にPDFにしていた。PDFと言うよりもテキストデータを普通にレイアウトしていたのだ。かなり地味で時間がかかって面倒くさい。特にルビが。でも自分で好きなようにレイアウトできるのでその点だけ良いと思っていた。
でもルビはしんどい。面倒くさいを越えている。総ルビは辛い。修行だ。答えの出ない修行だ。答えの出ない修行は修行ではないので、変換ソフトを探す旅に出たのだ。


あった。
続きを読む