自転車に乗って映画の話をします。200721

今週は火曜日に事務所へ行ったので撮影と公開は火曜日でした、が、大雨やらなんやらで体力が奪われて今日にお知らせになりました。
映画は最近映画館とアマゾンプライムで同時公開された劇場(という題)です。

ブレーキを取り替える。

自転車のブレーキシューが半分くらいすり減っている、無精にもほどがある状態で大変危険でもあったので取り替えた。本当に危険。止まれないもん。
で、この自転車、ロードバイクルックなママチャリだと思っていたらルックではなく、ロードバイクだったためにパーツが特殊でダイソーなどの自転車パーツが全く使えない。仕方がないので高いブレキーシューを買うことになりました。とりあえず店頭にあってよかった。
取り替えるのは大したことなくて、それよりも調整がものすごく面倒。取り替えたのは昨日でこの時点で調整が全くできず、常にブレーキが効いたような状態でした。そのうちゆるくなってちょうどよくなるだろうと楽観視してまして、しかし、調べてみるとそうでもないなとか気になりだしたので、今日起きたらすぐに作業はじめました。一日おいたらタイヤが全然動かなくてとても乗れる状態ではありませんでした。
地味に一進一退を繰り返して思ったのとは違うけどもタイヤが動かないことはなくなったのでとりあえず上がりにして別件作業再開。本も読まないとな。

OSMO POCKET 12

小型ジンバルカメラ、OSMO POCKETだからと言って取り立てて特殊な環境で撮らなければならない縛りもないので、飯食った絵とか撮ればいいんだけど、今のところ映像作品を作る予定もないので使い方の練習をしています。
絵は田舎の一本道なのでとてつもなく地味で無味乾燥ですけど、こうでないととにかくまっすぐ走ることができないです。まっすぐ走っています。途中で交差点があるので若干不安はありましたが、できるだけスピードを落とさないようにしました。
歩きの上下運動がないのでOSMO POCKETのジンバル機能が有効に働いているのが分かります。長い尺ですが、そこそこ長くないと練習の意味がないのでそのまま撮ったままです。

続きを読む