山190911

昔のスケッチブックにあった山のキャラクターを描いたはいいが、そのまま書き写しただけであまりに昭和で古臭さ過ぎたので再び描き直した。
大した差はないなあ。しかし平成程度にはなった。それとキャラクター性を考えた。昔のスケッチでは山でも木でも同じキャラクターが違う被り物をかぶっている状態だった。山ならどういう山なのか考えていない。画風が古くても可愛らしいという記号しか無い。何も解説しなくてもキャラクター性を気にして描くことで性格やドラマやこの後何をするかなど想像しやすくなる。一回のイベントの殆ど活用されることのないキャラクターにそこまで必要なのかと問われると無駄かもしれない。誰も気にしていないだろう。しかし、この山が何者なのかなど考えておくと決定稿までの漠然としたテイクを減らせるし、手数のバリエーションではなく、キャラクターの性格や設定などからビジュアルを作る事がきちんとできる。なんだかわからんがたくさん描いて見た目が良さそうなのを選ぶという、本当に何も考えていない状態から抜け出せるのだ。
また、見てもらうお客さんにも単にポンチ絵が貼り付けられているだけから、このキャラクターについて想像してもらえる幅やキッカケを作れるのだ。
一応それなりのお金を頂いてい作っているので金額に見合うバリューがつけたいと思うんだよね。

Procerateでドローイングとペイント。

山と木190910

ハイキング的な企画と木の豊富な場所のマラソン大会的なもののバッジだったかステッカーだったかのデザインのスケッチが残っていたので見て描いた。

当時はタッチも先輩と同じでなければならず、イベント内容もはっきりわからず、本当に自由にかけなくてしんどかった。

Procerateでドローイングとペイント。

山と今日の桜

160403012320
最近登っていなかったので、近所の山へ行った。
山に登ると色々考えられていいんじゃないかと思ったが、登るのに必死で山頂に着いたときには疲れてそれどころじゃなかった。
これは道中で見かけた花。花はこれだけだった。たぶん、ツツジ。今回はちょっと微妙。というのも形はツツジににているが、群生していないし、花弁の周囲が波打っているのも雰囲気が違う。ツツジの一種ではあると思う。ということで、今回もおみなえしさんになまえの協力をしてもらっています。本当は山にぽつんとある桜の木に遭遇する予定だったのにな。
頂上から一宮名古屋方面の風景。晴天のときに撮った事がないくらいだな。毎回このようなもやっとした感じ。
160403003
真下はこのように。 続きを読む

山にロープウェイで移動する。

15052833320
いろいろあって山に行く。いろいろあってロープウェイで山頂まで行く。一人なら歩いていくんだけどね。往復1080円、高ぇよ。
1505281
21世紀まで引きずる昭和。ここまで引っ張ると貧しいのか金持ちなのか訳が分からない。
高いの嫌なんだよ。 続きを読む