何度目かの、座頭市鉄火旅を見た。

座頭市鉄火旅(英題/zatoichi’s cane sword 監督/安田公義 1967年 日本)
第十五作目。
悩んでいるシリーズ。市はやくざを辞めたいと放浪する。座頭市喧嘩旅のヒロインだった藤村志保が再登場。当時はやってる芸人も久しぶりに登場する。藤田まことだ。のちに俳優専業になるが当時はコメディアンだった。流行ってる人も登場だ水前寺清子が市と一緒に旅をしている設定でいっぽんどっこの唄をそのまま歌う。しかも市がリクエストして二回目を歌う。二回目はフルコーラスだ。時代を乗りこなすのも座頭市シリーズの見どころだ。

続きを読む

何度目かの座頭市関所破りを見た。

座頭市関所破り (英題/adventues of zatoichi 監督/安田公義 1964年 日本)
座頭市シリーズ第九作目。表題のように関所破りの話です。関所を通過するのではなく、結果的に関所を壊す話です。
今回も物語とはほぼ無関係の部分で子どもたちとのからみが出てくる。どこに関係があるかと言うと市が盲目であることを説明するシーンで登場だ。だからほぼ冒頭で子供とのふれあいのような感じでワンシーンがある。一作目から子どもは市と何らかの関りを持つんだけど、主人公である市がハンディキャップや前科などがあっても大人としての立場を取らなくてはならない状況を作り出してるところが興味深いと思った。市は怒りを持ってもわがままを言わないんだよね。

続きを読む

何度目かの、座頭市喧嘩旅を見た。

座頭市喧嘩旅(英題/ZATOICHI ON THE ROAD 監督/安田公義 1963年 日本)
座頭市シリーズ第五作。全体の物語は前作と同じだ。道中で知り合った若い女との交流でほぼ一方的に女が市に片思いし、映画のラストで市が一方的に黙って分かれる。その間に立ち寄った町のやくざの抗争を対抗する組の全滅を持って解決する。
この映画から初めて夜中の対決で「検討つけて切って来な」と、賭場でイカサマを見抜くシーンが登場する。
ヒロインが藤村志保で当たり前なんだけど若い。僕はかなり高齢の藤村志保さんしか映画で見たことが無いので新鮮だ。年齢は確かに感じるが大きく印象が変わることが無いのは凄いなと思った。今の若手の女優もずっと同じ役ではなく、年と取れば藤村志保のようになっていくのだろうな。
市の髪は微妙に伸びていて、坊主と呼ぶには無理があるくらいになっている。

続きを読む