2019.5.26の我が社の庭。

よそのきちんとした栽培のバラだけでなく、我が社の庭にもバラは咲いている。今期は気温がやたら高いせいかいつも大きくなるが開けないなんてことはなく、きれいに開いている。本当はいつもきちんと開くことが出来ていない白いバラを撮りたかったが早々に焼けて枯れているように見えるため、赤いバラだけです。

サボテン

続きを読む

大野町のバラ公園。

大野町のバラ公園へ行ってきました。割と毎年行ってるね。ただ良かったのは最初に行ったときだけでその後はややバズれっぽい日に行ってしまっている。ハズレというのはひどい言い方に聞こえるがその通りだ。花には旬がある。その旬を外しているのだ。僕が悪い。今回は一週遅く出掛けた。先週なら見頃だったと思う。

このように開ききってしまっている。引きで見ればそこそこきれいに見える。

続きを読む

2019年5月15日の薔薇など。

どういうことか風邪が治ったらあちこち出掛けていてちっとも描けず、撮れず。
もたもたしているうちにバラがどんどん咲いていく。毎年白いバラは成長しても開くことが出来ずに枯れてしまうことが多かったが今回はうまいこと開いてくれた。

白いバラは赤いバラに続いて撮りづらい。

続きを読む

5月6日と8日の花。

風邪はそこそこ治ったが花粉症がぶり返してきて咳とくしゃみと鼻水がひどくて全然動けず、春は毎年どうにもならないね。
ということでバラ。

イキシアは大量に咲いている。

この辺りも大量に咲いている。ここまでは5月6日。

ここから8日。

今年はやや背が低いので撮りやすい。しかしまだまだ高いので真上からは撮れない。

続きを読む

チューリップとかアイリスとか。

我が社の庭のチューリップも咲いてきました。普通のチューリップはないのか、に対する答えはこちらがオリジナルに近い品種なのでこの先が尖ったチューリップが普通です。違うよ!バーカ!に対する返答は、多分メディアなどで見るカップのような形の赤い花を指して普通とおっしゃっているのでしょう。あれはうちには無いです。
そしてあれはまだ開く途中です。

原種の割には丈夫なので何世代か前に品種改良されたものでしょう。

続きを読む

バラ怪人

バラを記憶スケッチした。バラはそこそこ撮影していたので感覚で描ける部分は多い。しかし、バラに興味のない人の想像するバラとバラを多少なりとも観察している以上の人のバラに乖離があることも知っているので、バラに興味のない一般の人の想像するバラに寄せた。棘とかどうしたんだ、無いじゃないかという件については忘れたというのが理由だ。バラを何度か観察していると、そんなに棘じゃないんだよなあ。それよりやっぱり花が気になる。どちらかというと花はボタンのような感じの大輪でもっと花びらがたくさん重なっている品種のほうが目につく。いわゆる広告やメディアなどで見かけるきれいな感じのバラは満開ではない。半分も開いていないのだ。満開になると思っているより汚い感じに見える。まぁ、そんなわけで花の印象だけで描いています。一般的な想像に寄せるといいながら、体形などは自分がバラに対する感想になっていてる。女性的なポーズをとりながら比較的強靭な男性的な筋肉を持つ感じ。

レッドヴァイパーは大苦戦し、大きな犠牲を払いながらバラ怪人を殲滅している。

シャープペン0.9mmのドローイングにprocreate(iOSアプリ)で着色。

12月の薔薇。

わが社の庭の木には今の時期はほとんど花が咲いていないわけでもないが、主だって目立つのは薔薇くらいだ。

しかし、どういうことか、めちゃくちゃ花が高いところに咲いているのでこのように寄って撮るのが一苦労。脚立を立てようにも庭の土の状況もあり、思うように位置が決められない。

続きを読む