シン・ゴジラのパンフ購入。

IMG_20160811_162251
在庫のある映画館をお友達が見つけて、一部確保してもらえましたー!大感謝。
やっぱり庵野実写映画のパンフは写真も文章も充実してる。他の映画もこのくらいのボリュームはあるといいのに。これから読みます。

シン・ゴジラを見てきたよ。

16-08-01 11 04 17

良かった!お金を払って見る映画です。新しいゴジラの基準だと思う。既存のタイトルを新たに作ることの優秀なプレゼンテーションであり、リファレンスだと思う。テーマについてどのように描けばよいかまじめに考えられている。怪獣同士で両手を使ってプロレスをしたり、ビルを壊したりする映像は全くありません。ビルは壊れますが、プロレス的に壊れることはありません。

2015年1月22日のコメントで、「怪獣映画に対しての個人的な気持ちとしては、怪獣が存在する現実を表現して貰えたらよいと思っているので、それ以外のお祭り的チンドン屋的な方向性のものは興味が無いです。」と書いているので、シン・ゴジラは自分にとって分かりやすく思った通りの映画だったのでした。

とりあえずゴジラの見た目をチェックしていこうか。
今回のゴジラは劇中で成長する。尻尾だけしか見れなかった第二形態、ウルトラマンA以降のウルトラシリーズに登場しそうなデザインの第二形態、これはものすごい速さで走ります。走ってる感じはエイリアンのチェストバースターが胸から飛び出た直後みたいな感じです。

深海魚が急に釣り上げられて目玉が飛び出た様子を思い起こさせると同時に、70年代に多かった目の大きい怪獣を揶揄しているようにも見えました。そしてリアルタイムに第三形態に変身。ここまで腕が二の腕くらいまでしかないです。この形態はゴジラ的なシルエット、特に首から頭にかけて大きく変化し、いわゆるゴジラ的な形に変化します。そして赤い。直立したまま寝るのはキリンか。 続きを読む