Procreateで色塗りの下準備

適当に手描きしたものにProcreateで色を塗ります。

‎Procreate
‎Procreate
Price: ¥1,220+

やり方。

まず、紙に絵を描きます。今回は赤いボールペンであたりをとって黒いボールペンで描きました。黒はjetstreamです。赤はsignoですが、とりあえず使い切りたかった以外の理由はありません。
それを撮影します。ホワイトボードにマグネットで固定しています。
それをProcreateに読み込みます。解像度などはお好きな数値で。僕はA4印刷サイズにしています。

赤色を削除したいのでトーンカーブで作業します。

B(ブルー)チャンネルを選択して削除します。

G(グリーン)チャンネルを選択して削除します。

R(レッド)チャンネルを選択してちょっと調整します。
あまりよくないですね。完全に削除はできていません。単に赤は薄くなっただけです。
Procreateのトーンカーブは作業中にカーブが跳ねて作業しやすいとは言えないので出来る範囲と割り切ることも必要ですね。

彩度、色相、明度などのパラメーターを出して、彩度を無くします。

トーンカーブで薄くなっている線画をできるだけ黒100%に近くなるようにします。

要らない黒い部分を消しゴムツールで消します。黒い線がになりましたが、黒い線だけのレイヤーになっているわけではなく、白地が残っています。気にしないのは
色塗りレイヤーを別で作り、その上にこの線画レイヤーを乗算モードで載せるからです。

塗ったのがこれです。

コメントを残す