Procreateの基準で塗りつぶせない箇所

最近になって囲まれた範囲を塗りつぶすのに基準を使うようになった。今更かよw
もうそのくらい使い方を知らずに描いているのだよ。基準を利用した塗りつぶし方は以前に書いてもいるし、Youtubeなどでもレクチャーされている方も多いと思う。
線画のレイヤーの下、もしくは上に新規レイヤーを作り、線画の設定を基準にチェックを入れると下(もしくは上だが紛らわしいので下で統一する。)のレイヤーで線画のレイヤーを基準にして塗りつぶすことが出来る。また、その範囲を調整することも出来るので囲まれた部分にぴったりに濡れるはずだが、それでも塗り残しは出てしまう。上の髪の毛らしき部分がそうだ。囲まれた部分が極端に狭かったり角度がついているとこのように塗れないことがある。意外と小さな穴が空いているように抜けている事があるので気づいたときはこまめにブラシで塗っている。基準を使った塗りつぶしでこの場合に都合が良いのは、向かって右上の●を塗りたいところにドロップする時以外はマスクが効いていないことだ。このおかげで塗れていない部分をブラシで塗れる。気にして塗らないとはみ出るのは仕方がない。
僕は基準で塗りつぶした状態をアルファマスクに設定を変えて塗ったりしている。

コメントを残す