OSMO POCKET 1

時間ができたのでセッティングした。スマホかタブレット必須です。OSMO POCKETだけではだめです。どこがかと問うならば、アクティベートにスマホかタブレットが無いとできないからです。

一回失敗しました。なぜかはわかりません。再度接続しなおしてリトライしたら成功しました。このアクティベートや各種設定、撮影、プレビューなどができるアプリ、DJI MIMOを先にインストールしておかないといけないです。準備が多いのですかしたマニュアルでおなじみのアップルとかの真似をしないで、馬鹿正直なマニュアルとつけたほうがいいと思いました。

引き続きファームウェアのアップデート。突然始まりました。これでスマホなどの用事は済みました。スマホなどがあると扱いは容易になりますが、OSMO POCKETだけで設定などは全部できます。操作はタッチパネルなので指が太いからくそめんどくさいと言いそうになりますが、僕は指は太くないですし、太かったとしても見た目より操作はしやすいです。このOSMO POCKETの利点はコンパクトであることなので、スマホつけるのも違うんじゃないかと思うんです。使っていけば本体だけで慣れるんじゃないかと思っています。
ケースは持ち歩く場合、必須かと思いました。カメラ部分の首がすごく心配。三脚穴はやっぱりいるね。ここは工夫の余地だ。NDフィルタは欲しいかもしれないが、これってOSMO POCKET自体で補正してくれていないのかなあ。マニュアルで撮る機材じゃない感じがしているし、さっと出してぱっと撮る使い方だと設定は自動でいいんじゃないかと思うんだよ。

動画は撮ったのが近所であることと、歩きの上下移動だけが残ってすごく見づらいのでもうちょっと練習して慣れてから載せようと思います。

コメントを残す