ムービーモンスターシリーズ、ネロンガ。

ネット上では人気シリーズで手に入らなそうだったから諦めていたのに店頭にそこそこあった。ネロンガとガボラは意外と残りが少なくてシンウルトラマンは思いの外店頭在庫があった。というのは先に書いたね。

シン・ゴジラに引き続きしっぽが長い。造形は劇中の3DCGデータの引用らしいが今は本当によく出来ているよね。フィギュア自体も良く出来ていて、しっぽの接合部分は言われないとわからないと思う。塗りはざっくりしていて正面斜め上から吹いたようで後ろから見ると塗れていない部分がわかる。

このフィギュアの唯一の改修必須の部分は触覚的な部分の独立化。一体成型では無理があるので埋まっているんだよね。体側の肩周辺のモールドが消えているようにも見えるが、足すか塗装で描くか。

ウルトラマンと並べる。サイズ感がわからないが、このくらいの比率なのだろうか。

超動ULTRAMANとGフレーム版ザクも並べた。ザクはともかく、ネロンガとの比率は超動ULTRAMANくらいが好み。

ゴジラ1984版のバンダイ製ソフビと比較。首元など接合部を改造しているし、リペイントしているので製品そのままではないが、身長は変えていないので大きさの比較はできると思う。ゴジラ1984版は古いソフビなので一回り大きい。

対デストロイヤーゴジラのバンダイ製ソフビと比較。これは接合部以外に胸やお腹も勝手に造形を足しているしりペイントしている。足が浮いているのは前傾姿勢で固定してベースに固定する予定だから。こちらはゴジラ1984版の蓋周り大きい。もろもろ価格の高騰を受けてのサイズ変更なのは若手いても怪獣フィギュアが小さいのは寂しく思う。

大味な造形でも良いので怪獣フィギュアは大きいサイズで子どもたちに遊んだもらいたいねぇ。安くなる方法がないものかなあ。あ、ガボラどうしよう。迷い中。

コメントを残す