ライブドローイング191202とドテ丼

岐阜県坂祝町にあるロザリエッタで行われたマルシェロザリエッタ自由市場でドテドンともう一枚描いてきました。

真上のライトも手伝って何描いてあるかわからないですね。あかいろであたりが取ってあります。これはイベント中に完成できるようにするための作戦です。僕はクオリティよりも納期。納期を過ぎた超絶技巧は無意味。と思っています。超絶技巧が許される状況は知名度が高いことでしょうが、それは技工より知名度がほしい人々がいるのです。って時点で超絶技巧は期待されていないのだと思います。

描いています。
ほぼ年一回しかこんなの描きませんがなwの人でもほとんど下書き無しでぱーっと描けます描きます。しかも出てくるモチーフは全部オリジナルデザインとか全然平気。描けないよーっていう人とかいちいち文句言うイラストレーターとか画家とかクソなので疑ったほうがいいですよ。

描く予定の要素は全部描いた。あとは描き込みだ。この状態まで進め荒れればいつ止められても完成だと言い張れる。全然納得行かないけどな。

もきもき描き込みます。最近わりとドテドン描いてたんだけどすっかり忘れた感じになってるなあ。

足元を描き込みます。ドテドンは正面ばっかり描いていたので飽きたので背中を描いたのだよ。

出来た。きちんと撮影したのは後日。

ドテ丼も売ってました。こっちがメインです。デラックス仕様なのでいつもより高め。それでも700円なり。

こちらはまかないのドテ丼。

まだ時間があるので二枚目行ってみよう。その前にコーヒーを出店されている方から普通のコーヒーとエスプレッソとエスプレッソから作るカフェオレをいただき。コーヒーについても色々教えてもらってそこそこ満足したのでもう帰ろうと思ったくらい描くモチベーションがと切れてしまったのでこれはいけないと思って描くことに集中しました。

また何が描いてあるかわからない下書きです。一応二枚描けるんじゃないかと思ってアイデアは用意していました。去年は二枚同時に描いたからね。というのは今思い出した。

しかし完成するかわからなかったので必死です。僕は完成させることしか考えていません。

そのせいで途中経過を撮り忘れました。龍のウロコはこうする予定はありませんでした。ウロコは描かない予定でした。しかし、間が持たないと思ったのか、時間はそれなりにあると踏んで描き始めました。クソ面倒くさいです。ちなみにここで描いているのは村上龍と春樹がモチーフです。浅い発想なのですぐ気が付かれると思ったら全然気づかれなかった。

その後、撮ってくれていた方に写真を分けてもらいました。

写真は前後していますけど、この時点ではウロコを描く予定はありませんでした。

結構近づいて撮っていたようですね。全然気が付きませんでした。

必死すぎる描いている様。

どんどん描いています。

二枚とも紙に油性ペン。

コメントを残す