ドクトルGが思ったより若かった。

仮面ライダーV3という特撮ドラマがあります。1973年オンエアの仮面ライダーシリーズの第二作目です。これに悪の組織デストロンのボス、ドクトルGというキャラクターが登場します。V3を仮面ラ―イダーV3と独特の発音で呼称します。見た目はおっさんでかなり年をとった、かと言って高齢の感じはしない厳つさのある容貌だと思いこんでいましたら、先程YouTubeで見たドクトルGは2017年の今だと若い年代に入る三十代前半の男がひげやメイクで作った顔をしていた。結構若く見えたのです。お肌つややか。他のボスも同様で死神博士以外は年の感じしないんだよね。死神博士も高齢ではなく、中年くらいの見た目。感覚としてはイカれた年配の科学者のイメージだったよ。

どちらにしても皆思ったより若く、記憶は完全に思い出に変換されていたね。

コメントを残す