uniball oneとballsign IDを改良。

気に入っているボディのbaiisign IDの先端をつや消し黒で塗装。シルバーの成形色はやっぱり安っぽいし、この程度のシルバー成形色で反射することはないけど、一応反射防止に塗りました。
ballsign IDはジェットストリームもリフィルと互換性があるので、そのジェットストリーム互換のリフィルも使えると思っていたら太い部分の系が太いのでジェットストリーム以外に互換性がないことを身をもって確認したので、このままオリジナルのリフィルを使うことにして、気に入ったボディとリフィルで使うのはもう一つきにいっているuniball oneで実現しようと思いました。

こちらはジェットストリーム互換のリフィルはどれも利用できます。しかしボディの太さが気に入らず、最初からもう少し太めに設計してくれたらよかったのに。
で、デザインが壊れることを前提に在庫のラバーグリップを取り付けました。
これでボディは解決したので、リフィルを決めよう。今のところエナージェルだ。
が、試しに買ったリフィルは使い切りますよ。

コメントを残す