プリントしに行ってた。

展示用に作っている画像のプリントに行って来ていた。昨日の話。
安い普通紙で印刷するつもりが、またも結局半光沢紙のセールスに負けた。インクが多くのる部分が多いので普通紙での仕上がりが予測出来ないわけではないがA1なのでもしものことがあると怖いのでビビってしまったのた。多分問題ないと思うが。やっぱりね、もうプリントする意味って無いと思っちゃうんだよ。印刷することを依頼されれば別ですけどね。
チラシとかパンフレットとか、要る?貰って家帰って最初にやることがパンフレットやチラシを捨てることになってないか?それ、ネットで済ませれられなくないか?紙は音でないし動かないし、なんと液晶モニターより表示できる色が少ないし。要る?その手触り要る?紙の匂い要る?情報欲しいだけなのにそれ要るか?依頼があれば作ります。それは依頼する人が必要だと考えているから。そこに明確な理由が、例え単なる雰囲気であっても意味が存在するなら作ります。デザインしますよ。でも自分がお客さんなら要らない。パンフレットもチラシも捨てるのが辛い。君ら、コレクションしたポストカード、いい年なったら苦笑してまとめて捨てるんだよ。そのいい年は結構早くに来るんだよ。しかもいい年になるとため込んだポストカードを否定するようになるんだよ。それが辛い。
この前のグループ展の時も思いました。別にプリントしなくてもネットで展示会やればいいのに。Youtubeで生配信すればいいし。とか思いました。あえて紙にする意味あるのかと。あえて特定の場所に足を運んでもらう必要あるのかと。未だに無いと思います。もっとメジャーでお金になる仕組みができるならね、それは理由になるだろうけど。ただ無料で見てもらうだけでその先が何もないもん。パンフレットやチラシも同じ。繰り返すけど、それ、ネット以上の情報配布できるのかと。対費用効果合ってるのかと。いや、これ、僕は普段お金の儲けの話はしないけど、依頼する人たちはお金に極端に厳しい。毎度シュリンクする話ばっかりするから根本的な部分でどうすべきかこっちは考える。僕が単に安いお金で受けるのは裏付けがないもの。だから依頼があるときは毎回考えます。言いませんけど。なんで言わないかというと、こういう発想を依頼する人は嫌うから。悪口言っているんじゃないんだ、どうやって情報を伝えるかなんだ。そこに紙は要るのかと。必要最低限のものがあればいいって言うんじゃなくて適切なものが適切な状態で存在したらいいんじゃないかってこと。
プリントサービスは予想外に近くにあり、ネットでデータが送れない面倒くささはあるがUSBメモリに入れて持って行って、近所のホームセンターなどを冷かしているうちに出来上がりました。受付してくれた人は親切でした。丸めて持っていくなら自転車で行っても良かったな。その後展示用のフレームを探しにあちこちさまよった挙句、帰宅してからネットで買いました。ネットは安いよ、どうしよう。

コメントを残す