ライブドローイングの下書き。

ビビりなので当日完成するように保険を打つ。それがこの下書きだ。当日の開催時間は10:00~16:00だが、実際はこの半分の三時間くらいだと思った方が良くて、なぜかというと完成品を見る時間が必要なのだね。這う這うの体で描いて終わりってのでは、宣伝にならんのよ。
今回はただ絵を描くことが目的ではなく、描いていることと、描いたものが客寄せにならなくてはならないのだ。クオリティとしては自信がないが、ブースの中でもそもそ動いている、じっとしている以外のことをする人としての役割は果たしたいと思います。べつに完成しなくてもいいじゃん、とか、何描いてもあとで屁理屈つければアートじゃんという手もあるでしょう。しかし今回は出店ブースの宣伝なのです。やるべきことがあるのです。


そもそも紙の準備をしないといけないので、今回は二枚繋いで作成しました。繋いでいると下書きをすっかり忘れて紙を運ぶケースに入れてしまいそうでした。どうしていいか分からないことは無く、先にスケッチブックにスケッチを描いております。メカギドリだけではなくドテドンも描いていますよ。そのうちきちんと公開します。スケッチを見ながら描いたのに羽根の形が変わってしまいました。メカギドリの羽は一度も同じデザインだったことがありません。ただ描いているうちに形がシンプルに整ってきています。自分の中ではね。
画材はスマートチョークという商品名のチョークです。たぶんスマートなのはホルダーのことを指しているともいます。他に黒とかシルバーとかあったと思います。ホルダーの色は芯の色に対応しています。なぜならばそもそも土木建築のマーキング用だからです。赤色は赤色のホルダーに入れておくとわかりやすい。僕は本来目的と違う使い方をしているので好みの色のホルダーに使いたい芯を入れればよいのです。それでもホルダーと芯の色が同一なのはこのホルダーが良かったからです。結構描きやすいです。水で消せる水溶性チョークを書いてあったので期待していましたが、水で消せる場面は限られているようです。ホワイトボードみたいな表面の鉄板も消えません。コンクリートなどは良いんじゃないですかね。どちらにしても柔らかい芯なので減りが早いです。
実際に描く看板が手元にないので床に置いて描いていましたら紙を跨いだ状態で描かなくてはならず体力的に疲れました。気持ちとしてはやはり絵を描くのは気分が良いので問題ないです。

18-10-05 12 36 00

さて、手にしているこの二本の棒のようなものは何でしょうか?
下記のコンタクトフォームから答えを送ってください。正解の方から抽選で三名様に当日のイベント会場でドテドン(丼のほうの)をプレゼントします。

your name (必須)

Email (必須)

subject (必須)

message

下記の画像の文字を入力してください

captcha

===
11/3(まんがとゴジラの日)にライブドローイングします。
マーケット日和
出展名/ねこおでん屋台Xやきとりchikap
出店場所/A-12
場所/岐阜県各務原市「学びの森」
開催時間/11/3 10:00~16:00
http://marketbiyori.com/nakooden/
===

===

ドテドン対メカギラス 特報

to the world 
ゲームイラスト制作依頼【株式会社トゥーザワールド】

コメントを残す