2019/11/12の相談の件。

JR岐阜駅のサイゼリア。初めて入りました。営業開始直後だとやっぱり人は少ない。しかし、いつのまにかランチタイムになり普通のファミレス状態の賑わいだ。 ミラノ風ドリアとコツコツドリンクバーのコーヒーを飲み続ける。 エスプレッソ、アメリカンコーヒー、ダージリンティー、カプチーノの順。紅茶を挟んでいるね。カプチーノはこの前飲めなかったのでこのチャンスに雰囲気だけほしかったので飲みました。
WiFiがあれば言うことなしの快適さ。住めるよ。住んじゃいかんけど。
駅ビルでサイゼリアは居心地がいい。尿意が一切なく、ネット環境を自前で用意できれば住める。住んじゃいけないけど。どういうことかと問うならば トイレが店外なのだ、そしてWiFiも店外だ。店の外に出るとよその店舗の電波を拾うのだ。勿論ノラ電波ではない。お店ごとに電波を出しているのでうっかりすると自分がいる店じゃない電波を拾ってしまう。トイレはともかく電波は用意して欲しいなあ。あ、黒胡椒はすごく効いていた。
相談はそこそこ進みました。やたらWiFiの話をするのはデータを送りたかったのだ。目の前の人にワールドワイドな通信網を使うのは珍妙ではあるが仕方のないことと思っていたら、iOS端末同士ならAir dropで高速通信できるのだね。めちゃくちゃ速いです。

弾射音さんからBluetoothキーボードを譲り受ける。
予想以上の使いやすさ。Bluetoothキーボードはペアリングが煩わしいと思い込んでいたり、思ったような形やキーのものが見つからなかったので敬遠していました。
打てるのか?
試してみると打てているようです。キーもカチッとしたキータッチでこれは打ちやすいかもしれない。
iCleverというメーカーのBluetoothキーボード。
モデルIC-BK06
https://www.iclever.co.jp/products/BluetoothIC-BK06
iPodtouchでもペアリングできました!結構快適じゃないかなあ。サクサク書ける。確かにスペースキーを押して出てくる候補は画面いっぱいに表示されるので選んでいるときは文章が見れないんだよね。どんどん書き進みたい人には不向きかもしれないなあ。

iOS端末なら日本語と英語の切り替えは同じだと思ったら違った。昔のiOS端末はコマンドキー+スペースキー、最近のiOS端末ならCntrolキー+スペース。しかも選択肢を選ぶキーが最近の端末ならカーソルキー、昔のならスペースでトグルする。ともあれ、結構使える。AmazonのFire7があるのでこれにも繋いでみた。こちらもサクッとペアリングして使えた。英語と日本語の切り替えはShift+スペース。端末によって全部違うので面倒ではある。しかし、AmazonプライムビデオとYoutubeの視聴にしか使っていなかった端末がノートになるのは嬉しいのだった。
言語切り替えはマニュアルに載っていた。
iOS 8 or below: Cmd + Space
iOS 9 or above: Ctrl + Space
Samsung Android: Shift + Space
Google Android: Ctrl + Space
Windows: Cmd + Space / Ctrl + Shift
バッテリーは約60時間もつようで、充電の心配はしてくて良さそうに見えるが、長時間駆動できる場合は遠出したときに偶然バッテリー容量があと僅かになることがまあまあある。
記号などのキー配列はそれなりに独自配列なので練習はどっちみち必要だ。

コメントを残す