SMOOTH 4で充電する。

ZHIYUNのSMOOTH4はスマホ用のジンバルなので充電するとは何なのかと問うならば、SMOOTH4から充電しながら撮影できるのです。
当初は充電用のコネクタをSMOOTH4自体の充電用コネクタと間違えていて、全然充電されないからどうしようかと思いました。iPod touchで運用したかったので充電必須なんです。これが全然バッテリー持たないんですよ。
説明書でどうなっているのか調べたらアームの一部にありました.。Micro USB Type-BなのでLightningからMicro USB Type Bのケーブルが必要です。しかしそういうのは無いのです。もう一つ問題はLightning側は直線型だとアームに当たって負担が大きいのでL型にしたい。世の中はMicro USB tyope BからUSB type Cへ移行期であり、ケーブルは出回るようになった代わりに変換が店頭から消えているのです。Micro USB tyope BからUSB type C、またその逆の変換が100円均一ショップでもそれなりに並んでいました。自分では使わないと思ったんですよ。
めっちゃ使いますね。今必要です。

ネットで探せばあるんですが、それなりの価格なのでダイソーでもセリアでもあれば、充電だけですし。LightningのL型端子も必要だし。一日探し回ってあったのはイオンモールのセリアといつも買い出しに行くスーパーの100円コーナー。完全に灯台下暗し。何でこうなったかは、地方であることと、売ってる場所ですね。やはり地方なので都市部より移行期も緩やかなのです。さらにスーパーに併設となると客層がこれまた移行がゆっくりになるんです。むしろUSB Type Cケーブルが少ない。
今回買ったのはL型コネクタのLightning充電ケーブル。充電なのがポイントで今回やりたいことは充電だけなので充電ケーブルで十分なのです。もう一本はUSB Type AのメスからMicro USB tyope Bのケーブル。これでLightningケーブルとつなぐことが出来ます。Type Aで変換というか延長しているのです。できれはLightningからMicro USB Type Bのケーブルgはあればこのようなことはしなくて良いのです。
その前に普通のLightningケーブルで充電可能が確認しておきます。ケーブルもSMOOTH4もどちらも充電できました。実はこの他にUSB Type CからMicro USB Type Bの変換も買っています。保険です。これでも充電できたのですが、USB Type AからUSB Type Cに変換し更にMicro USB Type Bに変換するため変換が長すぎてアームに当たってしまうのです。それで、今回はこのような長い延長状態になっているのです。充電も撮影も出来るものの、ケーブルがアームに当たる音が入るんじゃないか気がかりです。練習では入っていないです。できればもっと短いLightningからMicro USB Type Bケーブルがあればねぇ。
こんな具合でしばらく練習です。この前はいきなり撮影して水平取れなかったからな。

コメントを残す