Wing Speeder

ライブドローイングの練習。ドローイングなのにペイントしているのはここに載せるように塗っている。毎度のデザインしながら描いているため絵がふらふらしている。もうちょっと考えてから描くべきだね。次はそうするよ。
着陸脚を降ろして待機しているので機種が下がっているほうが雰囲気は出るよなと思ったのは塗初めでした。Gundammerもそうですけど、ただ練習で描くのはモチーフなりテーマが無いと描きづらいので作りたい、もしくは作ろうとしている、できれば過去形にならないようにデザイン案だけでも絵にしておこうと思って描いています。キットは手元にあるんですよ。どうやって作ろうか考えあぐねてしまって絵になっているというのが今の進捗状況です。
これはWingSpeederということにしまして、既存のフライングバイク(という単座の低空飛行機器がすでにある設定です)を改造して長距離、或いは高速用のブースターユニット(ブースターではないが後付けの強化飛行装置的な意味の機械)を装備していて、この絵は外装のペイントを終えてこれから慣らし運転するところという設定です。数人スタッフを描いたりしたらいいのに無いのは、機械を描くことで精いっぱいだったからです。

油性ペンのドローイングにProcreate(iOSアプリ)で彩色。

コメントを残す