WavetableなどはSuiteだけ。


Ableton Live 10の新機能、Wavetable、Pedal、Echo エフェクトはIntro、Lite、Standardエディションでは使用できません。使えるのはSuiteだけです。
て、早く言えよw。
演奏した後でRECできるCaptureはStandard以上で使えます。Intro、Liteエディションでは使用できません。
CaptureはLiveを起動直後からMIDIコントローラーなどが起動したら自動的にRECしているようでCaptureボタンをクリックしたらタイムラインに反映される仕組みのようで、一旦タイムラインに反映されるとメモリされたMIDIデータは解放されます。てなことで、ふわっと弾いてみたらよさげなフレーズだったのにRECボタンをクリックしてない!というときに使える仕組みです。


LiveはSuiteで使えってことなんだろうけど、アナウンスをもうちょっと丁寧にしてほしい気がする。32bitをサポートしないのもきちんと伝えていないし。いや、バージョン9で32bit、64bitをリリースしたから9で段階的に64bit版へ移行しろってことだったんだろう。しかし、有志のブログを読むとLiveに限らず、64bitに変えても扱えるメモリの量が増えるだけで音質には変化がない、だから32bitのままでいいんだというエントリーばかり。そりゃそうなんだが、OS込みで64bitへ移行している中で32bitに拘る(本来の意味で拘るを使う)ことは意味がないんだよね。
64bitに移行するのは技術的な意味よりも、我々はコンピューターを使い始めたしまった以上、コンピューターの奴隷である。というくらいしか理由はないと思う。嫌なら使うのをやめるしかない。しかし、社会の中で生きていく以上、現代では不可能だと思うよ。いや、私はそうではないコンピュータを使っていない。って言っても、使わずに生きていけるのはその人の周囲の人たちが代わりにコンピューターの奴隷になっているからだ。
てなことで、説明書とかウェブサイトとかは冷静にきちんと読もうねw

Send to Kindle

コメントを残す