OCTA ORCA wing sketch 180120


羽根をどうしていいか分からなかったので、アニメのロボットのデザインをちら見しながら適当にスケッチする。
人の手を広げたような感じにしたいのだけど。羽根一つづつは指に相当する。

octaorca_dml_opening_take1 from murbozero on Vimeo.

Send to Kindle

OCTA ORCA sketch 180117


お腹部分はただの球体で良いと思っていて、本当は手も足も棒でいいんじゃないかと思っているが、何だ良いか理解してもらうための屁理屈を言うのが辛いためにティティールを入れます。
そのためのスケッチ。
できるだけポリゴンを割るのがめんどくさくないように心がけます。できるだけローポリゴン志向なので。 続きを読む

Send to Kindle

OCTA ORCAのスケッチブック


東海3DCGクリエイター展というのに参加するためにOCTA ORCAという短編を作っているのですが、まぁ時間が無かったり技量不足などでどこまでできるか分かりませんが、静止画か映像かどちらかか両方が出来上がる予定になっていて、それだけだと大変にしょぼいために照れ隠しで制作中に描いたスケッチとか設定などをバインダーに挟んで展示しようかと思ってます。思ってますじゃなくて展示します。許可取ってないけど。照れ隠しがむしろ恥ずかしい状態のものであります。取り敢えず参加者中一番下手糞なので、枝葉でごまかすのです。
バインダー自体はダイソーで買いました。クラフト紙なのでここにも描き込みが出来ます。 続きを読む

Send to Kindle

OCTA ORCA sketch 180110


作りながら各部のスケッチを描いている。これは出すか迷っているおっさん。
モデリングしているとつじつまの合わない箇所や変更したい部分などが出てきて、そのたびに覚書きのように描き留める。 続きを読む

Send to Kindle

OCTA ORCA sketch


形をだんだん忘れそうなので一旦思ってる形をかき出す。
Octaorca17121701800
若干思ってた部分と以前描いた部分の整合性が取れていなかったので、それの帳尻を合わせることも含めて。
しっぽの存在感が希薄だなあ、結構しっぽは気にしてるんだけどな。

Send to Kindle

出てくるもののスケッチか覚書き


別件で殆ど進められないのが頓挫するわけにもいかないので、メモ書きに着彩。
向かって右下のおっさんは出すかどうかだけでなく、この形かどうかも未定。
エビフライの覚書。モデリングしながらこういうのを描いて形を考えます。想像だけだと形にならない場合もあるので。思いついている部分が一部だけで全体が無いとかその逆とか。 続きを読む

Send to Kindle