スマホ用フード作った


パソコン壊れてしょんぼりしてるのも何なので気分転換にスマホ用のフードを作った。自分用なので雑なものだが、とりあえず使ってみて修正する予定。
材料はポリプロピレンの板とフェルト布。どちらもダイソーで揃えた。板は乳白色なのはこれしか売っていなかったから。本当は黒いと見た目が良いと思う。フェルトは反射を抑えるためと今回は各パーツを接続する目的もあるため結構重要。接着はペットボトル用の接着剤。紙でも布でも接着できると書いてあったので。安心できるのはG-17だが、在庫が無かったので。 続きを読む

Send to Kindle

EOS カメラ自作フード改造


外で撮るときに日差しでモニターが見えないことが多いのでフードを自作していた。既製品を買わないのは高いことと、両面テープで接着すること、固定されて脱着できないことが多いため。
これまでは咥えのあるプラスチック部品で支える方式だった。これだとプラ部品が外れてしまい、毎回取り付けるもの意外と手間がかかった。プラ部品自体は両面テープで貼りつけているが、この両面テープは剥がすことができるが強力に接着される若干矛盾した性能のものだ。この両面テープを選べることが自作の理由でもある。
だんだん取り付けが面倒になってきたので磁石による取り付けに変えました。 続きを読む

Send to Kindle

液晶モニターフードとカメラモニターフード。

IMG_3669
写真がぼやっとしてますが、微妙に西日が入るので以前から作ろうとしていたモニターフードを作りました。今頃作ったのはプラ段(黒)を近所のDIYショップで見つけたからです。これがないと非常に面倒。この大きさを板が中々無いのです。紙のダンボールはどうかと問うならば、悪くは無いが、長期間の強度に不安があり、対費用効果を考慮するとこのプラ段が最適だと思います。薄い塩ビ版らしきものがダンボールのような構造になっているのです。適当に採寸して切り出します。普通のカッターナイフでさくさく作業できます。やたらに長い1m位あるスチールの定規は必須です。 続きを読む

Send to Kindle

工作途中。

IMG_20160615_143255
液晶モニターのフードとカメラのモニターフードを工作中。
液晶モニターのほうは材料が足りずに途中まで。モニターにあてがってサイズと位置確認をしつつ。現状足りないのは片方の横側が作れず。これがないと固定できないので作業も微妙。とはいえ、大体のあたりは分かった。それでも悩みは固定方法。両面テープでがっちり固定してしまってよいものか。
カメラのモニターフードはこれまでに作ったものの再制作。寸法をディバイダーでカメラから直接取って、紙に作図して塩ビ版にせりテープで貼り付け。直接描かないのは黒くて書けないから。
ここまでやって、早めに処理したいメールが着たので一旦棚上げだ。足りない材料も買ってくる。

Send to Kindle

広角レンズ買った。

1602020043202/1に広角レンズ買った。至近距離で広い絵を撮りたかったので、広角レンズを購入。安めのやつでとりあえず。これでもうちでは大きな出費だ。
160202001
早速撮ってみた。最近はお試し撮影は出来るだけ同じ場所にしようと思っているので、お馴染みの神社だ。しかし、劇的な広角らしい感じはここではあんまりないね。自分が周囲の民家などを入れたくない気持ちが働くのでどーんと歪んだ広い絵はならないですね。 続きを読む

Send to Kindle

シャッタースピードで変わる動き。

150729022320
数字はISO シャッタースピード 露出の順。
スチルとムービーの参考例が一覧できるものが探せなかったので撮った。ほかの動きが入るとこのように撮れるとは限らないけど、DSLRでムービー撮影のときはこういうのが予算の面からも工夫しやすいかと思いました。
ムービーはシャープネスとトーンカーブなどちょっといじりました。
1600 30 16
150729018

続きを読む

Send to Kindle