ProcreateでPSDを読み込む最近の方法

iOS用のペイントソフトProcreateでPhotoshopのネイティブフォーマットPSDをレイヤーを保ったまま読み込むのに以前はDropboxから送っていました。


今はProcreateから読み込むことができるようになりました。どっちでもいいんですが気分の問題で。
絵が無いと説明出来ないので、まず紙などに描きます。これをスキャンして線だけをレイヤーにして他のレイヤーを捨てます。カラーモードはRGBです。黒一色なのでグレースケールなどでも構わないようにみえますが、ProcrateはRGBモード以外を読み込まないのです。

Dropboxに送ります。iPadで見るとこのようになっています。真っ黒です。
171026pc002
それではProcreateからこの画像を読み込みましょう。最初に新規キャンバスを作り、ファイル挿入を選びます。
写真(カメラロール)から読み込む場合は写真を挿入を選びます。写真となっていますが、絵でも同じです。
171026pc003
Dropboxの画面が見えるので、任意の画像を選びます。今回はUchuukid153というデータです。PSDはサムネイルアイコンにならないので複数ある場合はメモ取るなり確認しておいたほうがいいんじゃないかな。
171026pc005
読み込みました。解像度などはそのまま保持しているので対応した解像度でセンターに別レイヤーで入ります。
171026pc006
171026pc007
背景色を隠すとこのように線画だけのレイヤーになっていることが確認できます。
171026pc001



Dropbox
Dropbox
Price: Free+

Send to Kindle

ProcreateでPSDを読み込む最近の方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: ProcreateにDrop BoxでPSDを送る | 1001sec. [murbo | SKUNK-TV]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です