僕がやたら使用権フリーの素材を使いたくないというのは、

僕がやたら使用権フリーの素材を使いたくないというのは、
昼間のイベントのオープニングの映像制作で、これ使ってと渡された音源がアダルトビデオの宣伝動画に使われていたものと同じだった(フリー素材だった)。AVは別に構わないんですが、なんでイベントのオープニングと予算の小さい広告と同じものを喜々として使わなならんだw。
自分は担当していなかったが同じクライアントのイベントのチラシのイメージ写真が、同業他社の施設案内のパンフレットの表紙に使われていて制作会社とクライアントが揉めたていた(フリー画像だった)。ここの制作会社は業態は変わったが今も結構おしゃれ感、イケてる感を醸し出している(主宰はドブス)ので余計にダサい感じが増している。
予算があるからフリー写真使いましょう!とデザイン事務所の上司が打ち合わせの折に比較的明るい口調で言っていたのを聞いてしまった(意識の低さ)。あまりに予算の小さい仕事をやりすぎるとこのようなみじめな発想になります。怖いです。
という理由です。
それとは逆に自分で編集している電子フリーペーパー北極大陸ではパブリックドメイン画像を使ってコラージュを作ったり、ほぼそのまま使っています。これは意図的にやっていて、様々な意味で編集だけをやってみたいと思ったからです。こうやって書くとやってみたい理由が疑問になるから、ただ作り手としての興味だと書かないといけないよね。北極大陸は制作上の実験場にもなったらいいなと思っています。
画像の帽子はフリー素材でさらにフリー素材の写真をマッピングしてあります。
まぁ、あれば便利だけど主体として使うのはもうちょっと考えて使えないかなあ、僕より偉い人達!と思います。

コメントを残す