ドット絵コンバーターのお試しその後

ドット絵コンバーターの設定を変えて試したいのに全く変換されなくてしょんぼりしていて、元画像のサイズを確認したら長手方向で2,000pixel以上あった。それは変換できないよ。という事で長手方向を800pixelに修正したら俊足で変換した。


同じ画像で試さないと変化が分からないのでこちらのXIGMAD。

色数は4色、ドットの大きさを2から4に変更。なんか違うなあと思ったのはドットが細かいからではないかと。で、こうなった。 続きを読む

Send to Kindle

ドット絵コンバータを試す。

ドット絵コンバーターというのがあるそうで、試してみた。


任意の画像を送って自動的に変換してくれます。

今はXIGMADを集中して描いているので以前描いたスケッチで試用した。色数4、ドットの大きさ2。

……手軽に低解像度に変換するには面白いかな。
自動的にモザイコにしてくれるようなものを期待してしまったのは良くないな。

とはいえ、オートモザイコがあったら面白いのになあ。

Send to Kindle

無印のメガネ拭き

無印良品のメガネ拭きを教えてもらいました。

多分、知らなかったのは僕だけだと思う、メガネ拭き。14枚入って84円。不織布で出来ていて、濡れていないのです。さらっとしている。
一般的なのはウェットタイプでアルコールっぽいものがついているんだね。アルコールっぽいものなので速乾性で拭いてもすぐさらっとするんだが、これは最初からさらっとしている。軽い汚れならこれで十分スカッとする。毎回濡れていなくても良くて、携帯性も良好だ。ウェットタイプは結構な確率で乾燥してしまうし、かなり使い捨てて使用頻度を上げなくてはならない場合がある。 続きを読む

Send to Kindle

シールをはがす方法


がっちり張り付いているシールをはがす方法。
取り敢えず、カッターナイフや爪などで穏やかに剥がします。表面の印刷部分しか剥がれずがっかりします。
ティッシュペーパーに中性洗剤、一般的な台所用洗剤です。これをそのまま染み込ませます。
静かにシールの残った部分を全部覆うようにのせます。穏やかに密着させます。
数時間安置します。三時間とか世時間とか。すると全体的にうっすらと残りのシールが取れます。
これを繰り返し、最後は消しゴムなどでこすったりします。
完全ではなくても結構綺麗に取れます。
コツは焦らず、出来るだけ触らないこと。
強力なシールにも対応でき、プラスチックなど有機溶剤や熱に弱いものに貼ったシールなどに有効な手段だと思いましたよ。

Send to Kindle

メトロポリタン美術館の所蔵作品の一部を無料で自由に活用できるようになった。

メトロポリタン美術館の所蔵作品の一部が無料でかつ自由に使えるようになりました。クリエイティブコモンズ0表記があるものはクレジット不要で使える模様。


北極大陸でもこういったパブリックドメインやクリエイティブコモンズなどの理由で自由に扱える著作物を利用しているので、利用する幅が広がるのはありがたいです。
ちなみに北極大陸で著作権が切れたり自由に利用できる著作物を使っているのは無料だからラッキーで使っているのではなく、あえて自由に活用できることを理由に使っています。青空文庫所蔵の著作物も掲載したいんだけど、量としてオリジナル作品を上回ってしまうので、とりあえず止めています。

Send to Kindle

残念な視察から仕事の依頼があった件。

かなり昔の話。
地方の大型スーパーの広報部からあった依頼。一店舗だけだが駅前に小規模な百貨店を持ち、地域に十店舗以上のスーパーを展開する地方のイトーヨーカドーみたいなところだ。
広告は日本の地方なのにお歳暮のカタログの表紙に毎回西洋人をモデルにして写真を撮っているような感じだ。これを踏まえた広報部です。
アメリカのスーパーを視察してきた。そのスーパーのロゴタイプが壁面にあったので写真を撮ってきた。これを基にしてうちのスーパーのロゴを作ってくれ。という依頼。
続きを読む

Send to Kindle