OBSとubuntuで音出し。


今更ながらOBSでうだうだやってまして。


絵は出せるようになったので音を出してみました。以前windowsマシンでUSTなどやってみた時はアナログ入力でもノイズが出なかったのでそういうものだと思っていたら、マザーボードかケースの問題かびっちりノイズが乗ってしまい、音声ももこもこになっていた。オーディオインターフェースを使えばいいのだろうが、目の前にあるのにubuntuで使えないと思い込んでいて、使わないでいた。
調べるとどうやら使えそうだったのでとりあえず繋いでみるとあっさり認識。ノイズも無くスッキリして使用可能。音の問題も解決した。
使ったオーディオインターフェイスはAUDIOGRAM6。

すでに生産終了しているのでいまから探すなら現行製品のオーディオインターフェイスでいいよ。

カメラは何時繋がるのかw

Send to Kindle

OBS対応の静止画で切り抜き

OBSで表示できる静止画についてざっと検索しても、すぐに分からなかったので自分で検証してみると、tgaなどのアルファチャンネルを使えるものはそれも含めて認識する。アルファチャンネルで切り抜けるってこと。
当然、角飯の画像と同じようにドラッグできるし拡大縮小できる。USTREAM(現IBM Cloud Video)の配信にこだわる人も配信ツールはOBSに変更したらいいのにな。

Send to Kindle

OBS(Open Broadcaster Software)をインストールした。

Open Broadcaster Software(OBS)をubuntu 17.04へインストールした。OBSというのはネットの生配信用のソフトウェア。Windows、MacOS、Linux版がある。なんどかUbuntuマシンへインストールを試みていたが失敗の連続で面倒臭くなってきたのでとりあえずWindowsマシンへインストールしてお試ししてみた。
インストールガイドをネットで探してもWindows版のOBSの使い方のみで、それもニコ動のゲーム実況だったので、殆ど参考にならず、Youtubeでインストールしている実況をしているユーザーがいるようなので見てみると、こちらも生煮えのような状況でちっともわかんないの。説明下手糞w
てなことをやっていうちにUbuntuを17.04にアップグレードしてしまい、もう面倒だし、やらなくていいか。と思ったら英文のインストールガイドでまともそうなのがあったので、自動翻訳と並べて参考といういよりそのままやってみたら、またできず、再度公式ページのインストール手順通りにやってみたらどうやらインストールできた模様。成功したかどうか分かりづらいんだよね。
で、インストール手順。 続きを読む

Send to Kindle

ubuntu17.04


画質が悪いのはモニターに使っているのが液晶テレビ(パソコン用モニターではない)だから。
ubuntu17.04のアナウンスが出たのでアップデートした。
取り敢えず成功したようだ。アマゾンプライムビデオも問題なく再生だ。
まだアップデートしたばかりなので結論を出すのは早すぎるが、16.xの時より安定している気がする。動作に不足はなかったものの、エラーが多発していたのだ。

Send to Kindle

ubuntuでamazonプライムのビデオを見る。


見たいビデオがあったのでamazonプライムに登録したよ。
で、うちで一番の大画面パソコンのOSはubuntuなので、これで見たいのです。アマゾンズなどクリックして再生しようものなら「出来ません」と辛い返事ですよ。ブラウザはChromeです。32bitなのでサポートが切れていまして、どうしたものかと。しかし、2015年くらいまでは労せず見れたようです。しかし、2016年はそうはいかないようで、Silverlightが無いとかブラウザが違うとかめんどくさいです。しかしubuntuなので面倒なのはそもそも論なわけで、何もできないくせにubuntuを使っているので、先人の有志達に頼り切るのです。色々あるようですが、うちではSilverlightの互換環境をインストールしたら見れるようになりました。ブラウザのユーザーエージェントを変える必要もないです。
こちらのブログを全面的に参考にしました。ありがたい。

端末から下記を実行すればOK。

sudo add-apt-repository ppa:pipelight/stable
sudo apt-get update
sudo apt-get install --install-recommends pipelight-multi
sudo pipelight-plugin --update
sudo pipelight-plugin --enable silverlight

一応再起動しました。
恐る恐る再生すると、恐れる必要が無いくらいにさらっと再生しました。

ubuntuでの再生は解決しましたが、プライムビデオのラインナップはまだまだこれからな状態なので、アマゾンにはがんばってもらいたいです。
今はプライムビデオがあるからレンタルも買うのもいいや。とはならないです。一年後は状況が相当変わっていると思います。

Send to Kindle

ubuntuを16.04LTSへアップグレードした。

した。


ubuntuを16.04LTSへアップグレードした。
主に使っているのは映像を再生なので、VLCがこれまでと同様に使えるかがポイントです。それとChromeでの再生確認。
結果としてどっちもOK。問題なし。VLCでのブルーレイの再生状況の微妙な残念具合もそのまま再現されています。やったね。

ブルーレイに関してはメニューが再生できない問題があり、これだけ解決できれば快適なんだけどな。
DVDとデータの動画は全く問題なく再生されます。データの動画というのは今となってはほぼMP4、H.264なので、これらが再生できればOK。確認したら全く問題なかったのでOKだ。

Send to Kindle

ubuntuでGYAOを見る。

こちらのブログを参考にしました。ありがとうございます。


ビデオ垂れ流しマシンとして自作したPCのOSがubuntuなのです。ubuntuも慣れておこうと思ったことが理由です。あとwindows買うのがめんどくさかった。
これまでGYAOは全くのノーマークで過ごしてきました。なぜならば公開している映画の殆どがバッタもののようなものだったからです。映画は比較的雑食なほうですがそれでも残り少ない人生で視聴するには辛すぎるラインナップ。ところが先日、バンデットQが公開されている事を知りました。バンデットQは大変素晴らしい映画なので、ぜひ鑑賞したいと思い、当該のページを見に行ったところ、ubuntuは対応していないとの表示が出ました。IT革命は未だ達成されていないようです。

それでも方法はあるはずだと調べました。結果としては見れます。それでは方法です。
前提としてブラウザはChromeを利用します。Flashなどはインストールされていて、全て最新の状態になっていることが前提です。
簡単に言うとChromeユーザーエージェントを変更するだけです。
Chromeの機能拡張にuser-Agent Switcherをインストールして、user-Agent SwitcherのアイコンをクリックするとプルダウンするメニューからWindows Firefox 33を選択すると問題なく再生される。

毎度この設定をするのは億劫なので更にオプションで設定します。
Domainにgyao.yahoo.co.jpを入力。User-Agent StringのメニューからWindows Firefox 33を選択してadd。
もう一つ、
Domainにvideotopics.yahoo.co.jpを入力。User-Agent StringのメニューからWindows Firefox 33選択してadd
で、いつ何時もGYAOのビデオをubuntu+Chromeで見れます。やったね。

Send to Kindle