ProcreateにDrop BoxでPSDを送る

iOSアプリのペイントソフトProcreateにPhotoshopフォーマットの画像(psdファイル)を送るときはDrop Box経由がお得。
どこがお得かと問うならばレイヤーを認識するからだ。ProcreateからDropboxにある画像をフラットイメージを挿入でpsdファイルを読み込んでも名前の通りのフラットイメージ(レイヤーが全部合成された状態)でしか読み込まれない。
これをDrop BoxからProcreateに送ると思った通りというか、普通そうだろというレイヤーがあればレイヤーを認識した画像が読み込まれる。
やり方。
Drop Boxへpsdファイルを置きます。iPadのDrop Boxから任意のファイルを表示してエクスポートします。
Procreateは候補に出てこないので別のアプリを開く…でProcreateを選びます。
送信中の画面は出ますが、送信完了の合図は何もないのでProcreateを起動します。
自動で読み込んで勝手に新規データとして開きます。
名前が意図しないものだったり、データの画面サイズが良く分からないので、とりあえず新規に白紙を作ってそこに欲しいレイヤーだけカット&ペーストしています。たぶんそのまま作業しても問題ないと思うけど、ビビりなので保険ですね。

以前にも同じようなことを描いた気がするけど、朧気の部分もあったので描きました。


Dropbox
Dropbox
Price: Free+

Send to Kindle

アッポーペン購入した。

Apple Pencil買った。買ったのは数日前なんだが。使ってから感想を書こうと思ったら時間が経っていた。
描線にタッチを付けたいときは必須だ。もちろん筆圧などApple Pencilに対応したアプリが必要でiPadもiPad Proじゃないと対応していない。家ではProcreateだ。
どうにもペン先が減ることを気にしてしまって、すべての作業に積極的に使うことに躊躇している。そもそもドローイングにはいいなと思ったが、自分にとってペイントにはそんなに必要でもないなというのが現状で。もちろんブラシの濃度なども筆圧対応するのでそれなりに使えるんだが、そういう絵は今のところ描いていないのでApple Pencilじゃなくてもいいかなと思っている部分。ペンタッチはもうちょっと控えめな方がいつもの感じかと思うが、これはこれで楽しく描けている。相変わらず手のひらを画面においても反応してしまうので手袋はしている。たぶん手を置いた場合のリジェクションなどの設定はあるともうが、そのままにしている。(単に面倒で)出来ればnetamoji note等でも筆圧が効いてくれたらいいのにそういうことは無いみたい。 続きを読む

Send to Kindle

Procreateの消しゴム

ProcreateというiOS用のペイントツールを使っています。絵を描くことについての不足はほぼ無いのですが、消しゴムツールに関して疑問がありまして、不透明度を100%にしても完全に消えず、うっすらと描いたものが残るのです。ごしごしこすれば解決するものの、一発で消えてほしいので設定をあれこれ見ていたものの、不透明度を変えても変化が無く。ダイナミクスを見ると、グレーズというのがありまして、その前にプレビューを確認すると一番濃い部分でもグレーになっています。

これをオフにすると全部真っ白、所謂100%白になります。

その下の重ねるをオンにしても真っ白になるようですが、この際なのでグレーズ設定は切っておくと自分の思った通りになりました。

Send to Kindle

EleFunToとImgPlay

imgp006
EleFunToは子供向けのアニメーション作成ソフト。ImgPlayはGIFアニメ作成ソフト。EleFunTo以前にPICMOというパソコン版のアニメ作成ソフトがあり、もたもたしているうちに開発も販売も終わってしまい、ああ残念だねと思っていまして。PICMOとは全く違うソフトであっても気軽にアニメが作られるソフトはいいなと思ったので買いました。しかし、iPad内で遊ぶだけで完結するものなので、ブログなどで公開することはできません。スクリーンショットを撮って静止画を公開することはできてもアニメは無理です。そこで、二度手間であるものの、GIFアニメとして仕立て直すことにしました。この作業をパソコンでやると面倒以外の何物でもないのでImgPlayというGIFアニメ作成ソフトを使います。出来上がったものにクレジットが入ったままなら無料で利用できます。
やり方。
EleFunToで描きます。二枚で動いているように見えるタイプを選びます。このように描くのです。EleFunToの良いところは消しゴムが無いこととそもそも線画うねうね動いているので、細かく描くことができないのです。バケツツールもないのでベタを塗ることもできません。しかし、これによって形を大まかにきちんと捉えるという練習になるのです。特に苦手な似顔絵にはちょうど良いのです。 続きを読む

Send to Kindle

使いたかったノートアプリはmorpholio journal

MetaMoJi Noteの前にmorpholioのjournalをインストールしていまして、これはmorpholioの開発したデザイナー(主に建築)に向けたアプリ群のひとつで、デザインやスケッチ、アイデア共有などに利用するものです。そのうちのjournalがノートアプリに近いことができるので使ってみようと思ったんです。アプリ自体は無料で、有料アドオンで機能を追加します。無料では必要最低限の書くことくらいしかできませんが、アイデア出しにはちょうど良いのでないかと。色などは欲しくなったら買えばいいし。ページ立てもできる。ついでに見開きだ。で、アドオンの色を見ると、デザイナー用とか何とか用とかで固定された色がセットになっているのです。確かに建築デザイナーなら使いそうな色がまとまっています。しかし、適当にカラーホイールから拾ってくることはできません。僕はカラーホイールがほしいんです。
見開きもセンターが見えないので、際を考慮しながら描くが出来ず、まぁ、ページをたまにめくって確認すればいいことだけど。
インターフェイスとかアイコンとかしゃれててかっこいいので、是非にも使いたかったのだが。

渋いところで使い勝手が悪くて、その悪かった部分が全部クリアで来ちゃったMetaMoJi Noteを使ってます。
MetaMoJi Noteで良いなと思った点の一つで消しゴムで消す奇跡をグレーで表示することがあります。その場で消えずに一旦ここ消えますよという感じでグレーになるんです。気分の問題だけですが。格好よりどんどん描けってことですね。

Send to Kindle

MetaMoJi Noteを使っている

ノートアプリが気になって、幾つかリストアップしたものから選んでいたら、中々のブロガーなんだが、昔にダウンロードしたNote Anytimeを使ってみようと久しぶりにインストールしたらMetaMoJi Noteと名称が変わっていた。名前の通り、無料版ではなくフルスペックの有料版だ。
ノートアプリというのは、紙のノートのように元々用紙がページだてになっているアプリで、電子版ならではの機能は写真や音声を貼り付けられ、メールやクラウドサービスなどで共有できること。文字は絵と同じように基本的に手描きだがOCRなどの機能があるアプリもある。MetaMoJi Noteではその機能は別のアプリで対応している。PDFを読み込んで手描きで書き込みもできる。当然、上書きできないと意味がないので再保存も可能だ。

今見たら960円か。高ゖえなあw 自分の使い方としては高すぎるので今なら無料版でいいね。

僕がやりたかったのは電子本のカンプや自分用の絵コンテ作成。全部Procreateで描けばいいんだが、ページ立てには出来ないのでささっと見直すには向いていないんだよね。書いた感じは当然Procreateに劣る。とにかくまるちょん(この場合のちょんは、まさにペン先でちょんと描く程度という意味)でいいので、ざくざく描いて保存します。最初はDropboxにPDFで保存しようと思ってたのですが、そうするとProcreateの下書きにできないので、写真に全ページ保存しました。単に見たいならPDFで保存でいいです。全ページ保存にすると勝手に前頁をjpeg画像として保存できます。カンプの途中経過を見せる場合は先ほどのPDFにしてDropboxに送ってOK。

Procreateで描く前の下書きアプリとして使っているのでMetaMoJi Noteの本来の使い方じゃないと思うので、もしかしたら紙に変えるかもしれない。考える時間が長すぎて電池がもったいない気がする。それでも打ち合わせなどはこれでスケッチを描きつつやると、すぐに使えるラフが出来ます。でもProcreateでやってもいいんだよな。うーん。まぁ、ページ立てだよ。これがあるとないとは大違い。あと、きちんと書きづらいようにすることで、全体を捉えることができるとか。どちらにしてもデジタルツールで考えることを積極的にやりたい人同士じゃないと意味なさそうなんだよね。



Send to Kindle

Procreateを使っている。

制作過程。勝手に録画しているので、保存して編集しました。音は適当に自作。

making 160916 from murbozero on Vimeo.

ProcreateはiOS用のペイントソフト。
Autodesk SketchBookをiPod touchで使っていまして、iPad Proでもそのまま使おうと思っていました。実際一週間ほど使っていました。
そのまま流用していたので、二倍に拡大して用紙サイズを長手方向で2400pixelにするという拡大なのか原寸なのか謎の表示方法になっていました。慣れているので違和感は感じないものの、なんか変ですし、せっかくの解像度を活かせていないもの気になってきました。取り敢えず描いてみて、もやもやした感じが晴れないのならiPad用を買おうと思ったんですが、SketchBookの仕様が変わったようで、ざっくり無料で使えて、渋い機能(ペンツールの強弱とか用紙サイズとか)は有料になっていて、大体600円。えー、iPhone版の時に買ったじゃん!だめかよ! で、iPad用のペイントソフトとして人気のProcreateは720円だったので、せっかくですし乗り換えました。Procreateは1400円だと思ってたんだよね。ちなみにキャンペーンもたまにあるようなので、安いときに買うといいね。ProcreateといえばApple Penchilと併用するとさらに良いと聞いていて。でも、なんだか買うまでに及ばず、いまだに自作スタイラスです。ペン先を透明シートでカバーして細いペン先で描けるのです。作り方は過去にブログで書いております。長時間使っていると反応が悪くなるので透明シートを張り替えるのが面倒だったり、見た目がダサいなど問題はありますが、過不足なく使えるのもまた問題で。
といった道具で描いてます。ここから使い方など書いていきます。 続きを読む

Send to Kindle