FiLMiC Pro(有料)を使おう。

FiLMiC ProはiOS用のムービー撮影用のアプリ。有料。2017年11月23日現在は1,800円。

FiLMiC Pro
FiLMiC Pro
Developer: FiLMiC Inc
Price: ¥1,800+

細かく設定が出来、各種リグなどにも対応しているのですごく応用が利く。iPadでも使えるよ。画面比率も変えられるけど、16:9からクロップしてる気がするんだよな。どうなんだろう?結局他の素材が16:9なのでFilMic Proだけで撮るならいいかもね。フレームレートとか音声のサンプリングレートも変えられる。それぞれの仕様に合った状況で撮影できるのはいいね。
保存先は素材撮るだけならカメラロールにしておいた方がのちに面倒が無いよ。編集をスマホでやらない場合はデータの移動が本当に面倒。
手振れ補正もできるから活用しよう。フォーカスとISO感度、ゲインとか言ってるやつはオートでも設定できるしマニュアルでも操作できる。
精密に設定が出来るのは凄いが、せっかくのiOSデバイスなので、サクッとパパっといつもカメラじゃ撮れない局面で活用したらいいと思うな。

てなことを急に書き出したのは、スマホで撮る映像をやろうとしているからだ。ドキュメンタリーでやりたかったが、モチーフになることが無くなったので頓挫してんだな。

Send to Kindle

ProCameraをDLした。

ProCameraはiOS用の撮影アプリケーション。

最初から付いているカメラの代替アプリで、この記事を書いている数日前から無料キャンペーンをやっていたのでDLした。
細かく設定して撮影する人には凄く良いと思う。僕は適当に撮れればいいのでどっちでもいいかなと思っている。

Send to Kindle

ソフトで画面比率が違う。

IMG_8328

iPod Touchのカメラで撮ると4:3なのに対し、FiLMiC Proで撮ると16:9になる。


続きを読む

Send to Kindle

Polamatic

PolamaticはiOSデバイス用のカメラと画像エフェクト用アプリケーション。

iOSデバイスのカメラロールの画像をポラロイドカメラで撮った風にしてくれる。直接撮影もできる。
このように撮影する。画面の比率は一方が長い。撮影、保存が完了すると向かって左下にサムネイルがポラロイドカメラのように出てくる。同時に向かって右下のカウンターが回る。これは撮影枚数を表している。

IMG_7853
続きを読む

Send to Kindle

InstaFisheye – LOMO Fisheye Lens for Instagram

フィッシュアイで撮影できるiOS用のカメラアプリ。写真共有の出来るInstagramのバリエーションだ。
SNSパートやエフェクトはさておき、レンズをいくつかエミュレートしているので、それを見ていこう。エミュレートといっても厳密なものではなくトイカメラの範疇だ。

まずは普通のやつ。
IMG_7666

 

続きを読む

Send to Kindle

iMajiCam Pro

iOS版の撮影、エフェクトアプリ。スチルでもムービーでも撮影できる。

リアルタイムでエフェクトをかけて撮影できるアプリはいくつもあり、僕も利用したことはあったがリアルタイム性を優先したからか画像サイズが小さめに設定されていた。ここが残念なところだったが、これはやや大きめで960x640pixelでiPhoneならもしかしたらHDサイズで撮れてるんじゃないかな?どうかな? 僕が使っているのはiPod Touchなんだ。
IMG_7470
UIはこんなだ。いつもはUIについてしつこく説明しているのに画像一枚で済ませているのは何故かと問うならば、やることが多くて面倒なのだ。
複数のエフェクトを重ねることが出来る。それぞれのエフェクトが多いのに更にそれらを重ねるとべき乗的に増えるのだ。その割には多分使うのは殆ど無い可能性がある。
続きを読む

Send to Kindle

Fast Camera

iOS用のスチルカメラアプリ。

Fastは何が速いか。それは連写だ。アプリ自体の起動は取り立てて速いことは無い。
モータドライブで撮っているように連写できるのだ。

ファインダー画面はこんなだ。現地でスクリーンショットを撮るのを忘れてしまったので、ポンチ絵にカメラを向けている。STARTで撮影、REVIEWで撮った写真を見れる。
向かって左端のオレンジで数字の書いてあるボタンは撮影枚数と、それをタップすると撮った写真のリストが見れる。

IMG_7432

 

続きを読む

Send to Kindle

Flickitを使っている。

IMG_7779
かなり古いアプリになると思うが、単一機能で動作が軽快なので常用している。起動は遅いけどね。でもこれはハードウェアに依存した問題かもしれない。今なら写真もビデオもTwitterやfacebookへ直接アップロードできるようになっているけど、写真については一定のものに関してFlickrに集約することにしているので、Flickrにアップしてからツイートなどをしているのだ。多機能なPro版もあるけどアップロードさえ出来ればいいので、これで問題ないです。

Send to Kindle

StillShotを使っている。

FiLMiC Proなどでビデオを撮影したとして、いくつかのカットをスチルとして切り出したいときがある。またはスチルとして使う前提でビデオを撮っている言う場合など。

FiLMiC Pro
FiLMiC Pro
Developer: FiLMiC Inc
Price: ¥1,800+

そんなときはビデオからスチルを切り出すソフトを使うのだが、コンシューマーレベルのものでもたくさんある。たくさんあってどれが良いの分からないので適当に選んだのがStillShotだ。アイコンが若干胡散臭いアメリカ製バッタものに見えるので怖かったが、動作も軽快で使いやすかった。各種ソーシャルサイトへのアップロードも出来るが、自分が使いたい機能はカットの切り出しだけなのでその一点について。
予め写真のカメラロールに保存したビデオを選択し、任意のカットを選んでカメラロールに保存するだけだ。
いわゆるシャッターチャンスを逃しがちな人や、ビデオの画角が好きな人は使うといいかもしれない。

StillShot
StillShot
Developer: Macadamia Apps
Price: ¥120
Send to Kindle