ProcreateにDrop BoxでPSDを送る

iOSアプリのペイントソフトProcreateにPhotoshopフォーマットの画像(psdファイル)を送るときはDrop Box経由がお得。
どこがお得かと問うならばレイヤーを認識するからだ。ProcreateからDropboxにある画像をフラットイメージを挿入でpsdファイルを読み込んでも名前の通りのフラットイメージ(レイヤーが全部合成された状態)でしか読み込まれない。
これをDrop BoxからProcreateに送ると思った通りというか、普通そうだろというレイヤーがあればレイヤーを認識した画像が読み込まれる。
やり方。
Drop Boxへpsdファイルを置きます。iPadのDrop Boxから任意のファイルを表示してエクスポートします。
Procreateは候補に出てこないので別のアプリを開く…でProcreateを選びます。
送信中の画面は出ますが、送信完了の合図は何もないのでProcreateを起動します。
自動で読み込んで勝手に新規データとして開きます。
名前が意図しないものだったり、データの画面サイズが良く分からないので、とりあえず新規に白紙を作ってそこに欲しいレイヤーだけカット&ペーストしています。たぶんそのまま作業しても問題ないと思うけど、ビビりなので保険ですね。

以前にも同じようなことを描いた気がするけど、朧気の部分もあったので描きました。


Dropbox
Dropbox
Price: Free+

Send to Kindle

ダイソーのスマホ用スタンドを小改造


ダイソーで自撮り棒を物色していまして、スマホ関連の棚にはあったんですが、500円だったか300円だったので、まぁ、ウチに自由雲台を付けた一脚はあるんだしと思って止めまして、そのままあちこちうろうろして、カー用品など車も持っていないのに冷やかしていたのです。するとスマホを固定しておくあれこれがいくつかありまして、そのうちの一つを買ってきました。理由は固定する部品が回転するからなんですが、帰宅すると同じようにスマホを固定するクランプみたいなものをすでに持っていたことを思い出し、無駄な買い物をしたなと嘆いてみたり。
170325015
なにしろこのままでは一脚に取り付けることはできないですし、相変わらず強力両面テープで固定する方式だからです。 続きを読む

Send to Kindle

iPod touch買った

今更、第六世代のiPod touchを買った。今更って言っても、iPod touchとしては現行機種だ。


主に撮影用なのでこれが良かったのだ。

何よりの問題はバッテリーが持たないってこと。確かにビデオを連続で撮っちゃうと相当厳しい。買った意味がなくなるくらいだ。
仕方がないのでちびちび節約して使う。 続きを読む

Send to Kindle

アッポーペン購入した。

Apple Pencil買った。買ったのは数日前なんだが。使ってから感想を書こうと思ったら時間が経っていた。
描線にタッチを付けたいときは必須だ。もちろん筆圧などApple Pencilに対応したアプリが必要でiPadもiPad Proじゃないと対応していない。家ではProcreateだ。
どうにもペン先が減ることを気にしてしまって、すべての作業に積極的に使うことに躊躇している。そもそもドローイングにはいいなと思ったが、自分にとってペイントにはそんなに必要でもないなというのが現状で。もちろんブラシの濃度なども筆圧対応するのでそれなりに使えるんだが、そういう絵は今のところ描いていないのでApple Pencilじゃなくてもいいかなと思っている部分。ペンタッチはもうちょっと控えめな方がいつもの感じかと思うが、これはこれで楽しく描けている。相変わらず手のひらを画面においても反応してしまうので手袋はしている。たぶん手を置いた場合のリジェクションなどの設定はあるともうが、そのままにしている。(単に面倒で)出来ればnetamoji note等でも筆圧が効いてくれたらいいのにそういうことは無いみたい。 続きを読む

Send to Kindle

Procreateの消しゴム

ProcreateというiOS用のペイントツールを使っています。絵を描くことについての不足はほぼ無いのですが、消しゴムツールに関して疑問がありまして、不透明度を100%にしても完全に消えず、うっすらと描いたものが残るのです。ごしごしこすれば解決するものの、一発で消えてほしいので設定をあれこれ見ていたものの、不透明度を変えても変化が無く。ダイナミクスを見ると、グレーズというのがありまして、その前にプレビューを確認すると一番濃い部分でもグレーになっています。

これをオフにすると全部真っ白、所謂100%白になります。

その下の重ねるをオンにしても真っ白になるようですが、この際なのでグレーズ設定は切っておくと自分の思った通りになりました。

Send to Kindle

即売レジとレジプラ

即売レジ – 即売会で電卓要らずの簡単会計

ハードとソフトの組み合わせで使うレジプラ。ソフトウェアだけでも使える。

同人即売会以外にフリマなどでも活用できそう。

Send to Kindle

EleFunToとImgPlay

imgp006
EleFunToは子供向けのアニメーション作成ソフト。ImgPlayはGIFアニメ作成ソフト。EleFunTo以前にPICMOというパソコン版のアニメ作成ソフトがあり、もたもたしているうちに開発も販売も終わってしまい、ああ残念だねと思っていまして。PICMOとは全く違うソフトであっても気軽にアニメが作られるソフトはいいなと思ったので買いました。しかし、iPad内で遊ぶだけで完結するものなので、ブログなどで公開することはできません。スクリーンショットを撮って静止画を公開することはできてもアニメは無理です。そこで、二度手間であるものの、GIFアニメとして仕立て直すことにしました。この作業をパソコンでやると面倒以外の何物でもないのでImgPlayというGIFアニメ作成ソフトを使います。出来上がったものにクレジットが入ったままなら無料で利用できます。
やり方。
EleFunToで描きます。二枚で動いているように見えるタイプを選びます。このように描くのです。EleFunToの良いところは消しゴムが無いこととそもそも線画うねうね動いているので、細かく描くことができないのです。バケツツールもないのでベタを塗ることもできません。しかし、これによって形を大まかにきちんと捉えるという練習になるのです。特に苦手な似顔絵にはちょうど良いのです。 続きを読む

Send to Kindle