後退翼について

飛行機は飛んでると翼の表面に衝撃波が発生する。これによって機体から気流が剥離して体勢が不安定になる。それを回避するために衝撃波の発生を出来るだけ遅くする。回避する策として翼を薄くする。翼端を尖らせる。翼を短くし、縦横比を小さくする。後退翼にする。がある。後退翼が方法として最も一般的。でも翼端を尖らせることはレシプロ機しかないことからやられていて、つまりテーパーがついているのだ。また後退翼ではなくどういうことか心持前進翼的な状態になっていることが見られる。 続きを読む

Send to Kindle

F-95J

f95j1_card1600480
F-95J/2を作ったので、その前期型も作った。単なる色替えじゃなく、きちんと形も変更している。主翼が短くなり、境界層版も無くなった。AMR-1のためのパイロンも外している。外すのはただ外せばいいのでたいした作業じゃないけど、主翼を短くするのはテーパーと上反角がついているので面倒くさいのだった。
変えていないのはむしろコーションデータで、F-95J/2のままだ。機体番号と部隊マークは変えましたよ。部隊マークは仕事で作っていた部隊マークデカールの没になったデザインをそのまま引用しています。60年代の航自でこのような部隊名に直接関係しないマークは一般的じゃないのだけど、とりあえず無いと寂しいので貼ってあります。
こういうバリエーションものを作ってみたかったが、ここで出来るとは思わなかった。マーキングや武装の違いなど少しずつ違うものや同じものでも大量にあるだけで、面白さが出てくる。
このF-95Jは、戦え!宇宙キッド 機械恐竜現る!には登場しません。

次、行ってみよう!

予習に宇宙キッドの全話あらすじと敵メカ怪獣を3DCGイラストの載った宇宙キッド 怪獣図鑑をどうぞ。
アマゾンKDPにて全三巻、各巻200円で発売中。

Send to Kindle

F-95J/2 RAPIER

f95j2_card1600640
架空のTVアニメ、宇宙キッドをせめて架空じゃないアニメにする企画、戦え!宇宙キッド 機械恐竜現る!に登場する、航空自衛隊の迎撃機。当然のように架空戦闘機です。
現存するものを作ることも大切なんだけど、オリジナル戦闘機を作っておくと後々都合がよいのだよ。
面倒くさい設定としてF-95という戦闘機があって、その自衛隊仕様がF-95Jで、さらに後期型がF-95J/2と言いまして、さらに対怪獣仕様に改造したものが今回のF-95J/2です。現地改修なので正式番号はありません。外見上の違いは対怪獣ロケット弾(ミサイルじゃないよ)のAMR-1の装備です。
続きを読む

Send to Kindle

F95J途中経過

やっと完成間近のF95J。
IMG_9895

AMR-1を装備した。対怪獣仕様。F95が迷彩でロケット弾が青くてバランスが悪いのは、戦時中のな残りの戦闘機と戦争用ではないロケット弾の目的の差を表している。が、劇中では取り立てて説明されない。そもそも台詞が無い予定なので。 続きを読む

Send to Kindle

F95Jとアイアンエイリアンの途中経過

モデリングと色塗り。アイアンエイリアンは架空のTV版よりデザインをちょっと変更した。塗装はローゼンジーパターンを参考にしてみたが、あんまり効果は無いかな。色をはっきり変えればいいのだろうね。
IMG_9875

F95J。UVマップをちょいちょい失敗しつつ、ぺたぺた迷彩を塗る。
IMG_9874
続きを読む

Send to Kindle